PC表示スマホ表示

東京地下鉄[愛称:東京メトロ](未定)

 東京地下鉄[愛称:東京メトロ]の事業内容は、「東京の地下鉄の運営など」です。正式な承認は下りていませんが、政府が保有する53.4%の株式は、できるだけ早く売却することが決まっており、その方法として日本郵政と同じく、上場という手段が取られるのではないかとの観測が出ています。

東京地下鉄[愛称:東京メトロ]のホームページ画像
成長性 割安性
まる
話題性 総合評価
にじゅうまる


基本情報

会社名 東京地下鉄[愛称:東京メトロ]
会社URL http://www.tokyometro.jp/
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円) 377,600 372,140 366,838 382,249 393,986
経常利益(百万円) 66,356 64,166 58,543 73,381 86,514
当期純利益 (百万円) 38,567 36,818 31,366 45,240 51,654
純資産額 (百万円) 335,083 363,748 385,802 1,269,341 1,299,323
1株あたりの純資産額(円) 576.74 626.07 664.03 723.92 807.95
1株あたりの純利益(円) 66.38 63.37 53.99 77.87 88.91
自己資本比率(%) 26.6 28.8 30.4 33.1 36.1
自己資本利益率(%) 12.1 10.5 8.4 11.2 11.6

・東日本大震災の影響からか、一時的に業績が落ち込みましたが、現在は売上・利益ともに以前の水準より高い位置にあります。今後は、2020年の東京オリンピックに向けて、業績拡大のチャンスがあり、将来性も十分にあるでしょう。

管理人からのコメント

 東京地下鉄[愛称:東京メトロ]、事業に新規性は無いですが、必要不可欠な日常サービスということで、業績の安定度は抜群です。上場すれば、規模的にかなり大きいので、日本の大型株を運用しているファンドは、機械的に買わないといけなくなりそうです。また、運賃割引の株主優待が設定されると思いますので、優待投資家の買いも期待できるでしょう。

  幹事証券は未定ですが、どこが入ってきても良いように、今のうちにIPO株向けネット証券で口座を開設しておいてはいかがでしょうか。