PC表示スマホ表示

スマートバリュー(9417)

 スマートバリューの事業内容は「自治体向けクラウドサービス等の提供及び移動体情報通信機器の販売」で、ジャスダック上場の小型案件となっています。自治体向けではありますが、人気化しやすいクラウドサービス関連事業を展開しており、公開株数も4,000株と少ないことから、初値が上昇しやすい環境が整っています。

スマートバリューのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる a


基本情報

会社名 スマートバリュー(9417) 【JASDAQスタンダード】
会社URL http://www.smartvalue.ad.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、マネックス証券岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,550円
仮条件 1,500円 ~ 1,580円
公募価格 1,580円
初値予想(独自) 2,800円 ~ 3,100円(6月14日時点)
初値 7,030円(公募価格比+344.9%)

・想定価格1,550円に対するPERは19.4倍
(上場時発行済株式数1,080,000株、2014年6月期の純利益86百万円、1株当たり利益80円で計算)。
・初値予想を「2,200円 ~ 2,400円(5月13日時点)」から「2,800円 ~ 3,100円(6月14日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 6月1日(月)~6月5日(金)
当選発表日 6月8日(月)
購入申込期間 6月9日(火)~6月12日(金)
上場日 6月16日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 280,000株
売出株数(OA含む) 111,000株
当選株数合計 391,000株

・当選株数は計391,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,910枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 90.00% 306,000株 3,060枚 459枚
幹事 みずほ証券 7.00% 23,800株 238枚 23枚
岩井コスモ証券 1.00% 3,400株 34枚 3枚
エース証券 1.00% 3,400株 34枚 3枚
マネックス証券 1.00% 3,400株 34枚 34枚

・主幹事の大和証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
渋谷 一正 43.53%
渋谷 順(社長) 38.48%
(株)SDV 18.00%

・大株主に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
6月
2011年
6月
2012年
6月
2013年
6月
2014年
6月
売上高(百万円) 123 159 43 6,087 6,370
経常利益(百万円) 19 53 △78 127 149
当期純利益 (百万円) 10 23 △311 517 86
純資産額 (百万円) 850 875 462 980 1,067
1株あたりの純資産額(円) 4,251 4,492 2,312 1,225 1,334
1株あたりの純利益(円) 54.47 235.56 △4,077 646.80 107.97
自己資本比率(%) 85.1 62.4 25.6 36.3 42.4
自己資本利益率(%) 1.3 2.7 - 71.7 8.4

※2013年6月期以降、株式1株につき4株の分割を反映。
・複数の子会社を吸収合併したことにより、2013年6月期から売上規模が大きくなっています。2015年6月期は、第3四半期時点で売上4,889百万円、経常利益240百万円となっており、順調に利益を伸ばしています。IPOで得た資金は、データセンター設備の拡大、サービスレベル向上、収益拡大、業務効率化を目的とした設備投資、研究開発費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 スマートバリュー(9417)、名前の雰囲気的にも人気化しやすそうな案件ですが、売上の70%ほどがドコモショップの運営などで占められており、「携帯販売会社」と考えられると、少し苦しくなりそうです。また、同日に大型のIPOヘリオス(4593)が重なっているため、こちらが人気化するような展開になると、少々盛り上がりに欠けることも考えられます。ネット証券では、主幹事の大和証券、1人1票制のマネックス証券岩井コスモ証券から申し込むことができますので、積極的に当選を狙っていきましょう。