PC表示スマホ表示

ショーケース・ティービー(3909)

 ショーケース・ティービーの事業内容は、「Webサイト最適化技術により成約率を高める『ナビキャストシリーズ』の提供及び、DMPを活用したWebマーケティング支援」で、マザーズ上場の小型案件となっています。DMPとは、蓄積されたビッグデータを分析し、広告配信の最適化を実現するためのしくみのことです。

ショーケース・ティービーのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる s


基本情報

会社名 ショーケース・ティービー(3909) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.showcase-tv.com/
狙い目証券会社 SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券東海東京証券マネックス証券
岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,680円
仮条件 1,680円 ~ 1,800円
公募価格 1,800円
初値予想(独自) 3,700円 ~ 4,000円(2月12日時点)
初値 5,290円(公募価格比+193.9%)

・想定価格1,680円に対する上場時のPERは16.3倍(2014年12月期の純利益153百万円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月2日(月)~3月6日(金)
当選発表日 3月9日(月)
購入申込期間 3月11日(水)~3月16日(月)
上場日 3月19日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 150,000株
売出株数(OA含む) 195,000株
当選株数合計 345,000株

・当選株数は計345,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,450枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 85.00% 255,000株 2,550枚 255枚
幹事 SBI証券 5.00% 15,000株 150枚 67枚
みずほ証券 3.00% 9,000株 90枚 9枚
SMBC日興証券 2.00% 6,000株 60枚 6枚
東海東京証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚
エース証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚
岩井コスモ証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚
マネックス証券 1.00% 3,000株 30枚 30枚
高木証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚

・主幹事以外だと、副幹事のSBI証券SMBC日興証券東海東京証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
森 雅弘(社長) 32.49%
永田豊志 26.34%
ニッセイ・キャピタル5号投資事業有限責任組合 7.89%
SocialEntrepreneur投資事業有限責任組合 6.58%
MICイノベーション3号投資事業有限責任組合 5.90%
(株)ショーケース・ティービー 3.62%
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合 3.28%
(株)三菱東京UFJ銀行 1.28%
川口 浩幸 0.89%
小野 和典 0.77%

・ベンチャーキャピタル、川口氏に対して90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・社長の森雅、永田、小野氏に対して90日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
売上高(百万円) 414 529 718 887 983
経常利益(百万円) 16 74 132 220 249
当期純利益 (百万円) 16 104 79 139 153
純資産額 (百万円) 63 168 246 409 537
1株あたりの純資産額(円) 6,084 22,974 179.20 299.67 415.19
1株あたりの純利益(円) 2,675 16,890 64.32 105.91 114.61
自己資本比率(%) 19.8 50.7 52.5 69.8 81.4
自己資本利益率(%) 56.4 116.2 43.7 44.7 32.1

※2012年12月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・売上、利益ともに右肩上がりで推移しており、今後の成長も期待できそうです。自己資本比率は80%を超えており、借り入れに頼らない経営ができています。IPOで得た資金は、新サービスの開発、業容拡大のための人件費および教育費、宣伝広告に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ショーケース・ティービー(3909)フリークアウト(6094)+70万円(+250%)のパフォーマンスを見ても分かるように、広告配信の最適化ビジネスは非常に人気化しやすくなっています。需給面で見ても、フリークアウトより良く、初値が高騰しない理由が見当たりません。1人1票制を採用しているSMBC日興証券東海東京証券マネックス証券から申し込んで、あとの余裕資金をすべて副幹事のSBI証券岩井コスモ証券に注ぎ込む気合でいきましょう。