PC表示スマホ表示

シンデン・ハイテックス(3131)

 シンデン・ハイテックスの事業内容は「液晶、半導体、電子機器の仕入及び販売」で、ジャスダック上場の小型案件となっています。規模的にかなり軽い案件ですので、仕掛け的な買いが入れば、予想以上に初値が上がることもあります。ただ、直近の業績が失速している疑いがあり、なかなか人気化しづらそうです。加えて、同日に複数企業が上場することも足を引っ張りそうですね。

シンデン・ハイテックスのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 シンデン・ハイテックス(3131) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.shinden.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券むさし証券
カブドットコム証券松井証券安藤証券岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,640円
仮条件 2,640円 ~ 2,740円
公募価格 2,740円
初値予想(独自) 3,000円 ~ 3,300円(2月23日時点)
初値 3,075円(公募価格比+12.2%)

・想定価格2,640円に対するPER5.6倍
(上場時発行済株式数901,000株、2014年3月期の純利益422百万円、1株当たり利益468円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月10日(火)~3月16日(月)
当選発表日 3月17日(火)
購入申込期間 3月18日(水)~3月23日(月)
上場日 3月25日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 100,000株
売出株数(OA含む) 44,900株
当選株数合計 144,900株

・当選株数は計144,900株。売買単位が100株なので、当たりは計1,449枚
・当選本数は非常に少なく、かなり当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 85.00% 107,100株 1,071枚 107枚
幹事 SMBC
フレンド証券
1.98% 2,500株 25枚 2枚
SBI証券 1.98% 2,500株 25枚 11枚
岡三証券 1.98% 2,500株 25枚 2枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
1.98% 2,500株 25枚 2枚
むさし証券 1.98% 2,500株 25枚 2枚
岩井コスモ証券 1.51% 1,900株 19枚 1枚
極東証券 1.51% 1,900株 19枚 1枚
静銀
ティーエム証券
1.51% 1,900株 19枚 1枚
ちばぎん証券 1.51% 1,900株 19枚 1枚

・主幹事のSMBC日興証券SBI証券むさし証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・岡三証券が幹事なので、後から岡三オンライン証券の取り扱いも発表される可能性があります。
・その他、カブドットコム証券から申し込みが可能となりました(2月25日追記)。
・その他、松井証券安藤証券から申し込みが可能となりました(3月12日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
貝塚 進 14.56%
社員持株会 8.91%
城下 保(社長) 8.50%
河合 優 5.04%
NIFSMBC-V22006S3投資事業有限責任組合 4.92%
ジャフコV2共有投資事業有限責任組合 4.74%
エスディーエス投資事業組合 3.24%
GR-SH投資事業組合 2.88%
ケーエス興産有限会社 2.40%
佐々木 守 2.16%

・ベンチャーキャピタルを除く大株主に対し、180日間のロックアップ。
・ベンチャーキャピタルに対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円) 23,906 33,075 28,046 31,758 38,393
経常利益(百万円) 293 351 184 326 744
当期純利益 (百万円) 288 130 107 180 422
純資産額 (百万円) 2,030 2,154 2,238 2,604 3,054
1株あたりの純資産額(円) 254,272 269,806 278,488 3,242 3,803
1株あたりの純利益(円) 36,129 16,404 13,409 224.96 527.01
自己資本比率(%) 25.7 18.7 18.0 21.6 22.1
自己資本利益率(%) 15.3 6.3 4.9 7.2 15.0

※2012年3月期まで単独決算。2013年3月期から連結決算。
※2013年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・一見良さそうに見える決算情報ですが、2015年3月期は第3四半期時点で経常利益が86百万円しか出ておらず、失速感があります。第4四半期に売上が集中するというビジネスモデルとは思えないので注意が必要です。IPOで得た資金は、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 シンデン・ハイテックス(3131)、半導体の卸売ということで新規性はありません。業績も2015年3月期に失速している可能性が高く、微妙な印象です。唯一目を引くのは規模感ですが、とても仕掛け的な買いが入るようには思えません。今のIPO相場であれば、公募割れする可能性は低いのでしょうが、上昇してもそれほど上がることはないでしょう。当選を狙うなら、主幹事のSMBC日興証券は逃せません。その他、SBI証券むさし証券カブドットコム証券松井証券安藤証券岩井コスモ証券からも申し込みが可能となっています。