PC表示スマホ表示

ロゼッタ(6182)

(追記:2015年11月11日)

 SBI証券からロゼッタに当選しました! 

ロゼッタIPO当選(SBI証券)

 ロゼッタの事業内容は「自動翻訳サービス事業、翻訳、通訳事業、企業向け語学研修事業」で、マザーズ上場の超小型案件です。TPPが大筋合意したことで、翻訳・通訳サービスに注目が集まっている中での上場ということで初値高騰はかたいでしょう。

ロゼッタのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる まる
話題性 総合評価
にじゅうまる a


基本情報

会社名 ロゼッタ(6182) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.rozetta.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 645円
仮条件 645円 ~ 695円
公募価格 695円
初値予想(独自) 1,400円 ~ 1,600円(10月15日時点)
初値 3,705円(公募価格比+433.1%)

・想定価格645円に対するPERは10.2倍
(上場時発行済株式数2,221,800株、2015年2月期の純利益140百万円、1株当たり利益63.4円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月4日(水)~11月10日(火)
当選発表日 11月11日(水)
購入申込期間 11月12日(木)~11月17日(火)
上場日 11月19日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 347,900株
売出株数(OA含む) 52,100株
当選株数合計 400,000株

・当選株数は計400,000株。売買単位が100株なので、当たりは計4,000枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 85.17% 296,300株 2,963枚 296枚
幹事 みずほ証券 4.00% 13,900株 139枚 13枚
SBI証券 4.00% 13,900株 139枚 62枚
エース証券 0.98% 3,400株 34枚 3枚
岩井コスモ証券 0.98% 3,400株 34枚 3枚
いちよし証券 0.98% 3,400株 34枚 17枚
SMBC
フレンド証券
0.98% 3,400株 34枚 3枚
マネックス証券 0.98% 3,400株 34枚 34枚
藍澤証券 0.98% 3,400株 34枚 -枚
水戸証券 0.98% 3,400株 34枚 -枚

・主幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
五石 順一(社長) 32.16% 180日間
浮舟 邦彦 11.30% 180日間
ジェイコブソン陽子 7.62% 180日間
(株)ドリームインキュベータ 5.95% 90日間
1.5倍
(株)ロゼッタ 5.15% 180日間
皷谷 隆志 4.72% 180日間
ジャパン・アジア・リーダーズ1号投資事業有限責任組合 4.42% 90日間
1.5倍
秀島 博規 3.14% 180日間
(株)翻訳センター 2.21%
滋慶1号投資事業有限責任組合 2.21% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
2月
2012年
2月
2013年
2月
2014年
2月
2015年
2月
売上高(百万円) 280 316 342 389 487
経常利益(百万円) △56 15 2 63 137
当期純利益 (百万円) △41 30 66 54 140
純資産額 (百万円) 366 387 386 406 577
1株あたりの純資産額(円) 19,047 20,164 22,153 233.46 316.88
1株あたりの純利益(円) △2,184 1,617 3,608 31.92 79.16
自己資本比率(%) 62.53 72.34 59.43 66.42 78.66
自己資本利益率(%) - 8.25 17.51 14.04 28.81

※2014年2月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・売上、利益ともに右肩上がりで推移しており、2016年2月期も第2四半期時点で、売上786百万円、経常利益90百万円を達成しています。自己資本率は80%近くあり、借金に頼らない経営ができています。IPOで得た資金は、設備投資、採用活動に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ロゼッタ(6182) 、久しぶりに初値高騰が確定している案件ではないでしょうか。残念なのは、公募価格が3ケタでリターンが小さめなところですが、そのぶん当選本数が増えているので積極的に申し込んでいきましょう。ネット証券では、主幹事のSMBC日興証券マネックス証券岩井コスモ証券が1人1票制を採用していますので、忘れず申し込んでおきましょう。余裕資金があれば、SBI証券からも申し込みたいところです。