PC表示スマホ表示

ランドコンピュータ(3924)

 ランドコンピュータの事業内容は「各種コンピュータシステムに関するコンサルティング、企画、設計並びにソフトウェア販売及び運用、保守管理」で、東証2部上場の中型寄りの小型案件となっています。マイナーな東証2部上場の案件ですが、ロックアップがしっかりかかっており、需給的にはかなり優れた案件です。

http://www.rand.co.jp/
成長性 割安性
まる まる
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 ランドコンピュータ(3924) 【東証2部】
会社URL http://www.rand.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,710円
仮条件 1,710円 ~ 1,760円
公募価格 1,760円
初値予想(独自) 2,600円 ~ 2,800円(11月6日時点)
初値 3,580円(公募価格比+103.4%)

・想定価格1,710円に対するPERは14.5倍
(上場時発行済株式数1,931,500株、2015年3月期の純利益228百万円、1株当たり利益118円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月25日(水)~12月1日(火)
当選発表日 12月2日(水)
購入申込期間 12月3日(木)~12月8日(火)
上場日 12月11日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 290,000株
売出株数(OA含む) 197,000株
当選株数合計 487,000株

・当選株数は計487,000株。売買単位が100株なので、当たりは計4,870枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 85.03% 360,100株 3,601枚 360枚
幹事 SMBC日興証券 3.00% 12,700株 127枚 12枚
SBI証券 3.00% 12,700株 127枚 57枚
みずほ証券 2.01% 8,500株 85枚 8枚
SMBC
フレンド証券
2.01% 8,500株 85枚 8枚
岩井コスモ証券 0.99% 4,200株 42枚 4枚
いちよし証券 0.99% 4,200株 42枚 6枚
丸三証券 0.99% 4,200株 42枚 4枚
マネックス証券 0.99% 4,200株 42枚 42枚
エース証券 0.99% 4,200株 42枚 4枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
福島嘉章 14.01% 90日間
(有)三豊 12.46% 90日間
田村聡明 11.88% 90日間
髙際伊都子 9.44% 90日間
田村嘉浩 7.92% 90日間
高梨和也 6.40% 90日間
田村誠章 5.48% 90日間
ランドコンピュータ従業員持株会 4.22%
田村秀雄 3.88% 90日間
(有)ケイアイテイ 3.63% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
売上高(百万円) 5,031 5,346 5,367 5,547 6,333
経常利益(百万円) 330 451 292 215 413
当期純利益 (百万円) 179 227 158 112 228
純資産額 (百万円) 2,452 2,778 2,766 2,961 3,565
1株あたりの純資産額(円) 3,226 3,854 4,239 912 1,101
1株あたりの純利益(円) 548.03 692.61 488.37 70.33 143.19
自己資本比率(%) 43.19 45.55 49.52 49.24 49.68
自己資本利益率(%) 18.32 19.56 12.05 7.98 14.14

※2014年3月期以降、株式1株につき5株の分割を反映。
・2016年3月期は、第2四半期時点で売上3,539百万円、経常利益218百万円となっています。売上はなんとか拡大基調ですが、利益が伸び悩んでおり、先行きが明るいとは言えません。借り入れはほとんどなく、財務面での不安はありません。IPOで得た資金は、設備投資、運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ランドコンピュータ(3924)、東証2部上場で業績もあまり見栄えしませんが、コンピュータシステム系の案件は人気化しやすいです。また、大株主に90日間の期間ロックアップがかかっていますので、初値形成時の売り圧力はかなり小さく、初値が高騰する可能性は十分にあります。ネット証券では、副幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券から申し込みできますので、積極的に当選を狙っていきましょう!