PC表示スマホ表示

プラッツ(7813)

 プラッツの事業内容は「介護用ベッドの製造・販売」で、マザーズ上場の小型案件となっています。かなり地味系の案件で、同日に複数企業が上場することもあり、なかなか注目されにくくなっています。割安性に関してはある程度評価できますので、公募割れする可能性は低いと思いますが、大幅な上昇は期待できないでしょう。

プラッツのホームページ画像
成長性 割安性
まる まる
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 プラッツ(7813) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.platz-ltd.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券楽天証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 3,240円
仮条件 3,000円 ~ 3,260円
公募価格 3,260円
初値予想(独自) 3,700円 ~ 4,000円(2月23日時点)
初値 5,550円(公募価格比+70.2%)

・想定価格3,240円に対するPER16.4倍
(上場時発行済株式数907,300株、2014年6月期の純利益179百万円、1株当たり利益198円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月11日(水)~3月17日(火)
当選発表日 3月18日(水)
購入申込期間 3月19日(木)~3月24日(火)
上場日 3月26日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 120,000株
売出株数(OA含む) 65,600株
当選株数合計 185,600株

・当選株数は計185,600株。売買単位が100株なので、当たりは計1,856枚
・当選本数は非常に少なく、かなり当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 85.25% 137,600株 1,376枚 137枚
幹事 SMBC日興証券 3.90% 6,300株 63枚 6枚
みずほ証券 3.90% 6,300株 63枚 6枚
SBI証券 3.90% 6,300株 63枚 28枚
ふくおか証券 1.98% 3,200株 32枚 3枚
西日本
シティTT証券
1.98% 3,200株 32枚 3枚

・主幹事の大和証券、副幹事のSMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、楽天証券から申し込みが可能となりました。(3月11日追記)

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
福山 明利(社長) 17.22%
(株)EKS 12.70%
福山 恵美子 9.60%
VIETNAM PRECISION INDUSTRIAL CO., LTD.(常任代理人(株)プラッツ) 9.03%
(株)福岡銀行 3.81%
(株)ジャフコ 3.56%
開原 康博 2.54%
従業員持株会 2.41%
石橋 弘人 2.29%
城 雅宏 1.91%

・大株主に対して90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
6月
2011年
6月
2012年
6月
2013年
6月
2014年
6月
売上高(百万円) 2,506 3,208 3,831 4,495 4,500
経常利益(百万円) 121 450 556 571 286
当期純利益 (百万円) 108 247 250 353 179
純資産額 (百万円) 113 360 581 978 1,143
1株あたりの純資産額(円) 19,976 63,520 102,488 1,560 1,452
1株あたりの純利益(円) 19,046 43,626 44,247 589.89 260.39
自己資本比率(%) 10.1 24.0 26.5 35.2 42.2
自己資本利益率(%) 95.3 104.5 53.3 36.2 16.9

※2012年6月期まで単独決算。2013年6月期から連結決算。
※2013年6月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・順調に業績を拡大してきましたが、2013年6月期あたりから、売上が頭打ちとなっています。2015年6月期も第2四半期時点で売上2,314百万円と伸びが鈍化しています。経常利益に関しては、756百万円と拡大していますが、一時的なものかもしれませんので注意が必要でしょう。IPOで得た資金は、子会社への投融資、新製品の開発および製造のための金型作成に充てる予定です。

管理人からのコメント

 プラッツ(7813)、介護用ベッドの製造販売という少し地味系の事業なため、人気化は期待しづらいでしょう。ただ、一定の割安性があるため、底堅い買いが入りそうです。公募割れする可能性は低いでしょうが、大きなリターンは期待しづらい案件だけに、他の優良IPOに資金を回すのがかしこい戦略かもしれません。当選を狙うなら、主幹事の大和証券、1人1票制を採用している副幹事のSMBC日興証券が大チャンス。その他、SBI証券楽天証券からも申し込みが可能となっています。