PC表示スマホ表示

ピクスタ(3416)

(追記:2015年9月4日)

 野村HTからピクスタに当選しました! 

ピクスタIPO当選(野村HT)

 ピクスタの事業内容は、「写真 ・ イラスト ・ 動画のストック素材をオンライン上で販売するマーケットプレイスサイト『ピクスタ』の運営」で、マザーズ上場の中型寄りの小型案件となっています。私もそうですが、ホームページやブログを運営されている方の多くが、一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

ピクスタのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 ピクスタ(3416)【東証マザーズ】
会社URL https://pixta.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、大和証券SBI証券マネックス証券
岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,870円
仮条件 1,830円 ~ 1,870円
公募価格 1,870円
初値予想(独自) 2,500円 ~ 2,800円(8月10日時点)
初値 2,521円(公募価格比+34.8%)

・想定価格1,870円に対するPER45.2倍
(上場時発行済株式数2,186,440株、2014年12月期の純利益90百万円、1株当たり利益41.4円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 8月27日(木)~9月2日(水)
当選発表日 9月3日(木)
購入申込期間 9月4日(金)~9月9日(水)
上場日 9月14日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 180,000株
売出株数(OA含む) 346,300株
当選株数合計 526,300株

・当選株数は計526,300株。売買単位が100株なので、当たりは計5,263枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 85.02% 389,300株 3,893枚 389枚
幹事 SMBC日興証券 5.00% 22,900株 229枚 22枚
みずほ証券 3.01% 13,800株 138枚 13枚
大和証券 1.99% 9,100株 91枚 13枚
SBI証券 1.99% 9,100株 91枚 40枚
いちよし証券 1.99% 9,100株 91枚 13枚
マネックス証券 1.00% 4,600株 46枚 46枚

・主幹事以外だと、副幹事のSMBC日興証券大和証券SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
古俣 大介(社長) 27.76%
Globis Fund Ⅲ, L.P. 19.36%
SocialEntrepreneur投資事業有限責任組合 15.60%
遠藤健治 8.81%
GaiaX Global Marketing & Ventures Pte. Ltd. 7.56%
Globis Fund Ⅲ(B), L.P. 5.44%
内田浩太郎 3.88%
佐伯和俊 3.40%
関西インキュベーション投資事業有限責任組合 1.65%
古俣範雄 1.04%

・Globis Fund Ⅲ, L.P.、SocialEntrepreneur投資事業有限責任組合、Globis Fund Ⅲ(B), L.P.、関西インキュベーション投資事業有限責任組合に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・社長の古俣大介、遠藤、内田、古俣範雄氏、GaiaX Global Marketing & Ventures Pte. Ltd.に対し、90日間のロックアップ。

企業業績のデータ


  2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
売上高(百万円) 196 320 542 782 1,068
経常利益(百万円) 1 △28 △54 △46 98
当期純利益 (百万円) 2 △24 △54 △46 90
純資産額 (百万円) 2 48 △6 20 120
1株あたりの純資産額(円) 267.42 △1,325 △7,356 △20.53 30.62
1株あたりの純利益(円) 256.91 △2,949 △6,030 △25.52 46.87
自己資本比率(%) 2.7 27.7 △3.5 7.4 26.2
自己資本利益率(%) 184.9 - - - 128.4

・売上を地道に伸ばし続けて2014年12月期に黒字転換に成功しています。2015年12月期も、第2四半期で売上649百万円を達しており、引き続き順調に売上を拡大させています。IPOで得た資金は、広告宣伝、開発強化、素材獲得に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ピクスタ(3416)、ネット上でデジタル素材の販売をしている会社はいくらでもあるので、ビジネスモデルに目新しさはありません。成長性に関しては、直近の業績推移から、それなりに期待できるものがあります。ただ、大株主にベンチャーキャピタルがそろっており、売り圧力も相当警戒されているものと思われます。とりあえず、ロックアップが解除される公募価格比+50%がひとつの目安になるでしょうか。

 ネット証券では、副幹事のSMBC日興証券が1人1票制を採用しており狙い目です。その他、大和証券SBI証券マネックス証券からも申し込みが可能です。