PC表示スマホ表示

ヒューマンウェブ(3224)

 ヒューマンウェブの事業内容は「牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)の直営店舗経営及び牡蠣の卸売事業」で、マザーズ上場の小型案件となっています。10年くらい前にオイスターバーブームがあったように思いますが、今でもその熱が冷めていないのか少々不安です。個人的には少しタイミングが遅いかなという印象を受けます。加えて、同日に複数案件が上場することも足を引っ張りそうです。

ヒューマンウェブのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 ヒューマンウェブ(3224) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.oysterbar.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券
岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,700円
仮条件 1,700円 ~ 1,800円
公募価格 1,800円
初値予想(独自) 2,200円 ~ 2,400円(2月16日時点)
初値 2,010円(公募価格比+11.7%)

・想定価格1,700円に対するPER15.6倍
(上場時発行済株式数1,410,900株、2014年3月期の純利益153百万円、1株当たり利益109.1円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月4日(水)~3月10日(火)
当選発表日 3月11日(水)
購入申込期間 3月12日(木)~3月17日(火)
上場日 3月19日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 200,000株
売出株数(OA含む) 239,600株
当選株数合計 439,600株

・当選株数は計439,600株。売買単位が100株なので、当たりは計4,396枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 87.99% 336,400株 3,364枚 336枚
幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
4.00% 15,300株 153枚 15枚
SMBC
フレンド証券
3.01% 11,500株 115枚 11枚
岡三証券 2.01% 7,700株 77枚 7枚
藍澤証券 0.99% 3,800株 38枚 3枚
SBI証券 0.99% 3,800株 38枚 17枚
マネックス証券 0.99% 3,800株 38枚 38枚

・主幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券、岡三オンライン証券からも申し込みが可能となりました(3月4日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
(株)グッドフィールド 26.81%
小林 敏雄 20.77%
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合 7.25%
西武しんきんキャピタル商店街ファンド1号地域商業育成投資事業有限責任組合 6.96%
ニッセイ・キャピタル4号投資事業有限責任組合 4.35%
従業員持株会 3.62%
吉田 秀則(社長) 3.44%
アサヒビール(株) 1.81%
(有)ティーズ・キャピタル 1.81%
(株)ティー ワイ リミテッド 1.81%

・ベンチャーキャピタルを除く主要大株主に対し、180日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・ベンチャーキャピタルに対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円) 1,771 2,056 2,220 2,676 3,164
経常利益(百万円) 86 39 111 178 216
当期純利益 (百万円) 80 8 127 194 153
純資産額 (百万円) △178 28 155 275 527
1株あたりの純資産額(円) △28,145 2,495 13,863 244.70 436.03
1株あたりの純利益(円) 12,759 1,079 11,368 173.47 131.64
自己資本比率(%) △34.2 3.8 18.6 24.9 35.3
自己資本利益率(%) - - 139 109.8 38.3

※2012年3月期まで単独決算。2013年3月期から連結決算。
・売上、利益(経常利益)ともに右肩上がりで推移していますが、2015年3月期の第3四半期時点で、経常利益が100百万円程度に留まっており、通期で増益できるか少々不安なところです。財務面に関しては、利益が上積みされて自己資本が厚くなってきており、不安は少ないでしょう。IPOで得た資金は、新規出店の設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ヒューマンウェブ(3224)、利益の伸びが鈍化している印象を受けるだけに、人気面に期待したいところです。ただ、オイスターバーブームのピークはもうすでに過ぎているように思いますので、なかなか人気化しづらそうではあります。それでも、IPO相場自体は好調ですので、それなりに上昇してくれるのではないでしょうか。当選を狙うなら、1人1票制を採用しているSMBC日興証券が主幹事を務めていますので、ここは逃せません。他にも、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券、岡三オンライン証券から申し込みが可能となっています。