PC表示スマホ表示

マイネット(3928)

 マイネットの事業内容は「スマートフォン向けオンラインゲームの運営」で、マザーズ上場の中型案件となっています。ヒット作を出していないスマホ向けゲーム会社で、この強気な想定価格はさすがに厳しいように思いますが、市場はどのようなファーストリアクションを取るのでしょうか。

成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 マイネット(3928) 【東証マザーズ】
会社URL http://mynet.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,680円
仮条件 1,500円 ~ 1,680円
公募価格 1,680円
初値予想(独自) 1,800円 ~ 2,000円(11月16日時点)
初値 2,005円(公募価格比+19.3%)

・想定価格1,680円に対するPERは525倍
(上場時発行済株式数3,203,900株、2014年12月期の純利益10百万円、1株当たり利益3.2円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月4日(金)~12月10日(木)
当選発表日 12月11日(金)
購入申込期間 12月14日(月)~12月17日(木)
上場日 12月21日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 600,000株
売出株数(OA含む) 382,100株
当選株数合計 982,100株

・当選株数は計982,100株。売買単位が100株なので、当たりは計9,821枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 75.00% 640,500株 6,405枚 960枚
幹事 SMBC日興証券 12.00% 102,500株 1,025枚 102枚
みずほ証券 7.00% 59,800株 598枚 59枚
SBI証券 2.00% 17,100株 171枚 76枚
いちよし証券 2.00% 17,100株 171枚 25枚
岩井コスモ証券 1.00% 8,500株 85枚 8枚
エース証券 1.00% 8,500株 85枚 8枚

・主幹事の大和証券SMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
上原 仁(社長) 32.99% 90日間
1.5倍
グリー(株) 17.83% 90日間
1.5倍
B Dash Fund 2号投資事業有限責任組合 8.82%
(株)セガゲームス 7.20%
嶺井 政人 7.00% 90日間
1.5倍
新生企業投資(株) 4.46%
笠原 健治 3.58% 90日間
1.5倍
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合 2.93%
橋詰 大造 1.85% 90日間
1.5倍
住友商事(株) 1.72%

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年12月
(第3四半期)
売上高(百万円) 243 397 800 993 (1,879)
経常利益(百万円) 1 1 △319 1 (35)
当期純利益 (百万円) 1 1 △8 10 (15)
純資産額 (百万円) 74 75 66 268 (1,167)
1株あたりの純資産額(円) 4,967 5,015 44.30 140.45 -
1株あたりの純利益(円) 23.22 47.81 △5.86 6.07 (6.46)
自己資本比率(%) 57.5 39.9 34.5 53.8 (62.9)
自己資本利益率(%) 0.5 1.0 - 6.0 -

※2013年12月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・ゲーム関係は、ヒット作が出れば一気に業績も跳ね上がりますが、まだそのような作品を作れていないようです。先行きの不透明感はなかなかのものです。IPOで得た資金は、新規スマートフォンゲームタイトルの獲得、人材採用にかかる費用に充てる予定です。

管理人からのコメント

 マイネット(3928)、いくら一発があるスマホゲームとは言え、今の状況でここまで強気な想定価格は無茶があると思います。ヒット作をすでに持った案件でも、一時期のような盛り上がりがなくなっていますので、なかなか厳しい結果になるのではないでしょうか。ネット証券では、主幹事の大和証券SMBC日興証券SBI証券から申し込みが可能となっています。