PC表示スマホ表示

ミュージックセキュリティーズ(未定)

 ミュージックセキュリティーズの事業内容は、「音楽に関わる権利を中心とした知的財産の証券化業務など」です。証券化とは、あるモノが生むリターンを得られる権利を証券にし、投資家に販売することです。不動産業界ではすでに一般的なビジネスモデルとなっていますが、その他の業界ではあまり聞いたことがありませんので、上場の際はそれなりに注目を集めそうです。

 ※正式な承認はまだ下りていませんが、上場の準備をすすめているのではないかとの噂が出ています。

ミュージックセキュリティーズのホームページ画像
成長性 割安性
話題性 総合評価
にじゅうまる


基本情報

会社名 ミュージックセキュリティーズ(未定)
会社URL http://www.musicsecurities.com/
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円) - - - - -
経常利益(百万円) - - - - -
当期純利益 (百万円) - - - - △170
純資産額 (百万円) - - - - -
1株あたりの純資産額(円) - - - - -
1株あたりの純利益(円) - - - - -
自己資本比率(%) - - - - -
自己資本利益率(%) - - - - -

※2014年7月31日 官報の決算公告より
・事業の黒字化にはまだ至ってないようですね。資本金が172百万円しかないため、このまま赤字が続いてしまうと早々に資金繰りに困ることになるでしょう。

管理人からのコメント

 ミュージックセキュリティーズ、事業の新規性という点に関しては良いのではないでしょうか。経験上、こういう案件はIPO的には成功する可能性が高いです。ただ、業績の方はまだまだ不安定ですので、もう少し見栄えが良くなるまで、上場することはないかもしれません。また、会社のホームページには、音楽に関わる案件が中心と書かれていましたが、実際に販売されている案件を見てみると、食品関連が多いように感じました。というか、音楽関連の案件がありませんでした(汗”)

  どこが幹事を務めることになるか分かりませんが、どこが幹事になっても困らないように、IPO株向けネット証券で口座開設をしておいてはいかがでしょうか。