PC表示スマホ表示

mercari(メルカリ)

 mercari(メルカリ)の事業内容は、「フリマアプリ『メルカリ』」の運営です。2013年7月にリリースされてから、2015年1月で900万ダウンロードを達成。1日の出品数は約10万品以上、月間流通規模は数十億円を超える。(週刊アスキー1月24日より)

 パソコンが無くてもスマホがあれば取引ができるため、より幅広いユーザーの獲得が可能です。また、取引のハードルが低くなったことで、より年齢層の低い方たちの利用が増えるのではないでしょうか。正式な上場承認はまだ下りていませんが、上場が噂されている企業ですので要チェックです。

mercari(メルカリ)のホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる
話題性 総合評価
にじゅうまる


基本情報

会社名 mercari(未定)
会社URL http://mercari.jp/
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

株主構成、ロックアップなど

・2014年3月に、グローバル・ブレイン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、GMOベンチャーパートナーズなどから、14億5千万円を調達。調達した資金は、アメリカ事業の立ち上げに充てる予定。

管理人からのコメント

 mercari(メルカリ)、国内で爆発的にシェアを伸ばしている関わらず、アメリカでの展開に向けてもう動いているとか、社長はかなりの野心家ではないでしょうか。このような野心家社長のいる企業のIPOは、だいたいスゴイことになるんですよね。そういう意味でも、上場の承認が下りるまで、イケイケどんどん!で事業を拡大してほしいところです(笑)

 ネットオークション関連のIPOとしては、オークファン(3674)+104.8万円(+303%)が記憶に新しいですね。メルカリも人気面では引けを取らないと思うので、IPOすることになれば全力で申し込みましょう!

 複数の証券会社の口座を開設するのは時間がかかりますので、今のうちにIPO株向けネット証券で口座開設をしておいてはいかがでしょうか。