PC表示スマホ表示

JESCOホールディングス(1434)

 JESCOホールディングスの事業内容は「国内EPC事業、アセアンEPC事業、及び総合メディア事業」で、東証2部上場の小型寄りの中型案件となっています。EPC事業は、商業施設・通信基地局・太陽光発電設備などを対象とした「配管・配線・機器設置の設計・保守」をおこなうものです。かなり地味系の案件なので、初値はなかなかきびしくなりそうです(汗”)

JESCOホールディングスのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 JESCOホールディングス(1434) 【東証2部】
会社URL http://www.jesco.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券副幹事)、SBI証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 510円
仮条件 510円 ~ 540円
公募価格 540円
初値予想(独自) 510円 ~ 550円(8月4日時点)
初値 569円(公募価格比+5.4%)

・想定価格510円に対するPERは14.7倍
(上場時発行済株式数5,966,000株、2014年8月期の純利益206百万円、1株当たり利益34.6円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 8月20日(木)~8月26日(水)
当選発表日 8月27日(木)
購入申込期間 8月31日(月)~9月3日(木)
上場日 9月8日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,600,000株
売出株数(OA含む) 700,000株
当選株数合計 2,300,000株

・当選株数は計2,300,000株。売買単位が100株なので、当たりは計23,000枚
・当選本数は多い方で、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 85.00% 1,700,000株 17,000枚 1,700枚
幹事 SMBC日興証券 6.00% 120,000株 1,200枚 120枚
エース証券 3.00% 60,000株 600枚 60枚
SBI証券 3.00% 60,000株 600枚 270枚
SMBC
フレンド証券
3.00% 60,000株 600枚 60枚

・主幹事以外だと、副幹事のSMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
柗本 俊洋(社長) 25.94%
JESCO従業員持株会 8.84%
京セラコミュニケーションシステム(株) 8.56%
日本コムシス(株) 8.56%
ヤマト電機(株) 6.42%
(株)新川 4.28%
唐澤光子 2.82%
西武信用金庫 2.78%
金田孟洋 2.74%
西武しんきんキャピタル企業投資1号投資事業有限責任組合 2.14%

・京セラコミュニケーションシステム(株)、日本コムシス(株)、ヤマト電機(株)、(株)新川、西武信用金庫、金田孟洋、西武しんきんキャピタル企業投資1号投資事業有限責任組合に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・社長の柗本、唐澤氏に対し90日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
8月
2011年
8月
2012年
8月
2013年
8月
2014年
8月
売上高(百万円) 338 571 530 6,116 6,810
経常利益(百万円) 102 286 217 248 302
当期純利益 (百万円) 48 170 123 △51 206
純資産額 (百万円) 973 1,126 1,232 588 917
1株あたりの純資産額(円) 223,013 258,099 282.37 △11.69 176.63
1株あたりの純利益(円) 11,173 39,086 28.27 △11.69 47.23
自己資本比率(%) 27.2 27.2 31.6 10.7 12.3
自己資本利益率(%) 5.1 16.3 10.5 - 31.1

※2012年8月期まで単独決算。2013年8月期から連結決算。
※2012年8月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
・2013年8月期の赤字は、資産の評価損を計上したことが原因となっています。2015年8月期は、第3四半期時点で売上5,569百万円、経常利益181百万円となっています。IPOで得た資金は、連結子会社への投融資、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 JESCOホールディングス(1434)、東証2部の地味系ということで、注目度はなかなか低そうです。海外部門の拡大で、売上は増加基調にありますが、利益がそれにともなっておらず、ファンダメンタルズの面から見ても、魅力に欠ける案件となっています。ネット証券では、副幹事のSMBC日興証券SBI証券から申し込みが可能となっています。