PC表示スマホ表示

グリーンペプタイド(4594)

 グリーンペプタイドの事業内容は「がん免疫治療薬の研究、開発、製造、販売」で、東証マザーズ上場の大型案件となっています。あやしい案件が容赦なく公募割れになっている現在の状況では、赤字バイオベンチャーに期待することはきびしいでしょう。

グリーンペプタイドのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく d


基本情報

会社名 グリーンペプタイド(4594) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.green-peptide.com/
狙い目証券会社 SBI証券マネックス証券東海東京証券松井証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 610円
仮条件 450円 ~ 550円
公募価格 450円
初値予想(独自) 400円 ~ 450円(10月18日時点)
初値 414円(公募価格比 -8.0%)

・想定価格610円に対するPERは赤字のため計測不能。
(上場時発行済株式数31,807,700株、2015年3月期の純利益-412百万円)。
・初値予想を「550円 ~ 610円(9月14日時点)」から「400円 ~ 450円(10月18日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 10月5日(月)~10月9日(金)
当選発表日 10月13日(火)
購入申込期間 10月14日(水)~10月19日(月)
上場日 10月22日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 6,500,000株
売出株数(OA含む) 7,935,800株
当選株数合計 14,435,800株

・当選株数は計14,435,800株。売買単位が100株なので、当たりは計144,358枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 90.00% 11,297,700株 112,977枚 11,297枚
幹事 いちよし証券 3.00% 376,000株 3,760枚 564枚
エース証券 2.00% 251,000株 2,510枚 251枚
SBI証券 2.00% 251,000株 2,510枚 1,129枚
香川証券 1.00% 125,000株 1,250枚 125枚
マネックス証券 1.00% 125,000株 1,250枚 1,250枚
東海東京証券 0.50% 62,800株 628枚 62枚
藍澤證券 0.50% 62,800株 628枚 62枚

・主幹事以外だと、SBI証券マネックス証券東海東京証券から当選のチャンス。
・その他、松井証券から申し込みが可能となりました(10月7日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
イノベーション・エンジン創薬支援投資事業有限責任組合 24.57%
九州ベンチャー投資事業有限責任組合 11.16%
アイビス新成長投資事業組合第2号 9.38%
JSR・mb1VCライフサイエンス投資事業有限責任組合 7.50%
三菱UFJキャピタル(株) 6.56%
イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合 5.63%
NVCC6号投資事業有限責任組合 3.75%
NVCC7号投資事業有限責任組合 3.75%
(株)滋慶 3.75%
安田企業投資3号投資事業有限責任組合 3.12%

・三菱UFJキャピタル(株)、(株)滋慶、九州ベンチャー投資事業有限責任組合、NVCC6号投資事業有限責任組合、NVCC7号投資事業有限責任組合、安田企業投資3号投資事業有限責任組合に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
売上高(百万円) 117 194 451 933 821
経常利益(百万円) △92 29 219 19 △413
当期純利益 (百万円) △95 27 217 17 △412
純資産額 (百万円) △73 △45 172 189 1,024
1株あたりの純資産額(円) △2,152 △1,865 377.83 4.53 30.74
1株あたりの純利益(円) △796.64 233.29 1,821 1.46 △20.60
自己資本比率(%) △36.6 △23.9 78.5 46.5 83.4
自己資本利益率(%) - - 375.6 10.0 -

※2014年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・バイオベンチャーでは珍しく、一時的にしろ黒字転換に成功しています。ただ、直近で再び赤字に転落しており、先行き不透明感が強いです。IPOで得た資金は、研究開発、事業運営に充てる予定です。

管理人からのコメント

 グリーンペプタイド(4594)、普通の黒字企業が公募割れするこの状況で、よく赤字バイオベンチャーが上場する決断を下せましたね(汗”) 大株主にもベンチャーキャピタルがずらっと並んでおり、売り圧力もかなり警戒されるでしょう。個人的には、良い結果がまったく想像できませんが、市場はどのような反応をみせるのでしょうか。

 ネット証券では、SBI証券マネックス証券東海東京証券松井証券ら申し込みが可能となっていますが、ここは無難にスルーしておいた方がよいでしょう。