PC表示スマホ表示

冨士ダイス(6167)

 冨士ダイスの事業内容は「超硬工具(耐摩耗工具)、超硬合金の製造販売」で、東証2部上場の中型案件となっています。設立は1949年と古く、公開株はすべて既存株主からの売り出しですし、なかなかこれから成長していくイメージが持てません。さらに、同日に大型のIPOがあることもあり、注目度はかなり低くなりそうです。

冨士ダイスのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 冨士ダイス(6167) 【東証2部】
会社URL http://www.fujidie.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券カブドットコム証券(?)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 500円
仮条件 500円 ~ 530円
公募価格 530円
初値予想(独自) 500円 ~ 550円(5月22日時点)
初値 800円(公募価格比+50.9%)

・想定価格500円に対するPER13.0倍
(上場時発行済株式数20,000,000株、2015年3月期の純利益767百万円、1株当たり利益38.4円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 6月9日(火)~6月15日(月)
当選発表日 6月16日(火)
購入申込期間 6月17日(水)~6月22日(月)
上場日 6月25日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 0株
売出株数(OA含む) 5,077,000株
当選株数合計 5,077,000株

・当選株数は計5,077,000株。売買単位が100株なので、当たりは計50,770枚
・当選本数は多いので、当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 85.00% 3,752,900株 37,529枚 3,752枚
幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
5.00% 220,700株 2,207枚 220枚
みずほ証券 5.00% 220,700株 2,207枚 220枚
SMBC日興証券 3.00% 132,400株 1,324枚 132枚
SMBC
フレンド証券
2.00% 88,300株 883枚 88枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券から当選のチャンス。
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事なので、後からカブドットコム証券の取り扱いも発表される可能性があります。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
社員持株会 18.29%
(株)TSK 16.08%
木下 美佐子 11.48%
新庄 美智子 11.40%
新庄 由美子 11.38%
矢作 玲子 10.65%
新庄 敦子 4.28%
木下 德彦(社長) 1.25%
矢作 恒雄 0.71%
市田 忠昭 0.60%

・矢作玲子、新庄美智子、新庄由美子、木下美佐子、新庄敦子、矢作恒雄氏に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・社長の木下徳彦、長野秀之助氏に対し、90日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
売上高(百万円) 13,925 14,305 14,637 15,041 16,251
経常利益(百万円) 1,189 1,235 811 1,088 1,130
当期純利益 (百万円) 742 696 578 732 767
純資産額 (百万円) 14,320 14,815 15,916 16,710 17,306
1株あたりの純資産額(円) 74,583 77,162 828.99 870.31 865.32
1株あたりの純利益(円) 3,864 3,627 30.13 38.13 38.65
自己資本比率(%) 68.0 68.9 72.0 73.5 71.0
自己資本利益率(%) 5.3 4.8 3.7 4.5 4.5

※2012年3月期まで単独決算。2013年3月期から連結決算。
※2013年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・直近の利益は緩やかに回復していますが、これは会社自身がどうのこうのというわけではなく、景気が回復したことによる影響が大きいでしょう。自己資本比率は70%と高く、財務的な不安はありませんが、いかんせん将来性を感じないため、やや魅力に欠けます。

管理人からのコメント

 冨士ダイス(6167)、公募ゼロで既存株主が大量に売り出ししていることから、利益確定イベントとして見られる可能性が高いです。規模もそれなりにありますので、初値を大きく上昇させるだけの買いを集めるのは困難でしょう。ネット証券では、1人1票制のSMBC日興証券が狙い目ですが、同日に複数のIPOがありますので、そちらに資金を回した方が良さそうです。