PC表示スマホ表示

インベスターズクラウド(1435)

 SBI証券からインベスターズクラウドに当選しました! 

インベスターズクラウドIPO当選(SBI証券)

(11月24日追記)最近のIPO相場の盛り上がりを考慮して、総合評価を「B」から「A」に変更しました。

 インベスターズクラウドの事業内容は「土地情報の提供、デザインアパートの企画、施工、賃貸管理」で、マザーズ上場の中大型案件となります。建設系の案件になりますが、事業活動をネット上で完結させている点に真新しさを感じます。最近のIPO相場は盛り上がりを見せていますので、初値高騰が期待できます。

成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる a


基本情報

会社名 インベスターズクラウド(1435) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.e-inv.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、大和証券 

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,670円
仮条件 1,730円 ~ 1,870円
公募価格 1,870円
初値予想(独自) 3,500円 ~ 3,800円(11月24日時点)
初値 3,615円(公募価格比+93.3%)

・想定価格1,670円に対するPER22.5倍
(上場時発行済株式数7,481,600株、2014年12月期の純利益554百万円、1株当たり利益74.1円で計算)。
・初値予想を「2,800円 ~ 3,100円(10月28日時点)」から「3,500円 ~ 3,800円(11月24日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月16日(月)~11月20日(金)
当選発表日 11月24日(火)
購入申込期間 11月26日(木)~12月1日(火)
上場日 12月3日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 420,000株
売出株数(OA含む) 833,500株
当選株数合計 1,253,500株

・当選株数は計1,253,500株。売買単位が100株なので、当たりは計12,535枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SBI証券 85.00% 926,500株 9,265枚 4,169枚
幹事 みずほ証券 8.00% 87,200株 872枚 87枚
大和証券 2.00% 21,800株 218枚 21枚
岩井コスモ証券 1.00% 10,900株 109枚 10枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 10,900株 109枚 10枚
エース証券 1.00% 10,900株 109枚 10枚
藍澤證券 1.00% 10,900株 109枚 -枚
水戸証券 1.00% 10,900株 109枚 -枚

・主幹事のSBI証券大和証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
古木 大咲(社長) 67.23% 180日間
石井 啓子 15.63% 180日間
古賀 聡 4.21%
大城 崇聡 3.43%
森山 正隆 1.64%
山本 千賀子 1.64%
野間 大亮 0.86%
佐伯 幸祐 0.86%
吉村 直也 0.86%
村上 哲也 原 健一 0.86%

 

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
売上高(百万円) 2,623 4,507 10,140 13,862 14,614
経常利益(百万円) 90 82 870 898 941
当期純利益 (百万円) 50 42 486 536 554
純資産額 (百万円) 210 253 712 1,249 1,799
1株あたりの純資産額(円) 95,864 115,409 324,051 177.44 254.79
1株あたりの純利益(円) 22,848 19,544 221,164 76.19 78.72
自己資本比率(%) 16.2 12.9 21.3 31.8 35.9
自己資本利益率(%) 27.1 18.5 100.7 54.7 36.4

※2013年12月期以降、株式1株につき3,200株の分割を反映。
・2015年12月期は、第3四半期時点で売上14,016百万円、経常利益1,168百万円を達成しており、順調に業績を拡大させています。今回のIPOで新たに現金を調達することで、自己資本比率も高まりますので財務面の不安もありません。IPOで得た資金は、広告宣伝、人材採用などに充てる予定です。

管理人からのコメント

 インベスターズクラウド(1435)、規模的にやや重たい案件となっていますが、現在のIPOの盛り上がり具合が続けば、問題なく上がってくれるでしょう。大株主のロックアップもしっかりかかっており、売り圧力もそれほどなさそうです。迷わず当選を狙っていきたい案件です。

 ネット証券では、SBI証券が主幹事を務めていますので狙い目です! 大和証券も1人1票制を採用しているので、100株ずつしっかり申し込んでおきましょう。