PC表示スマホ表示

ダブルスタンダード(3925)

(11月30日追記)直近のIPO動向を考慮して、総合評価を「」から「」に引き上げました。

 ダブルスタンダードの事業内容は「企業向けビックデータの生成・提供、データ生成過程で培った技術を活用したサービス企画・システム開発」で、マザーズ上場の中型案件となっています。市場では、さっそくダブルスタンダード(二重基準)という社名にツッコミが入っており、ネタ的に人気化しそうな雰囲気を感じます(笑)

成長性 割安性
にじゅうまる さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる a


基本情報

会社名 ダブルスタンダード(3925) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.double-std.com/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、大和証券
東海東京証券、岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,100円
仮条件 2,030円 ~ 2,190円
公募価格 2,190円
初値予想(独自) 4,000円 ~ 4,400円(11月30日時点)
初値 5,010円(公募価格比+128.8%)

・想定価格2,100円に対するPERは51.7倍
(上場時発行済株式数2,915,000株、2015年3月期の純利益118百万円、1株当たり利益40.6円で計算)。
・初値予想を「3,200円 ~ 3,500円(11月10日時点)」から「4,000円 ~ 4,400円(11月30日時点)」へ変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月27日(金)~12月3日(木)
当選発表日 12月4日(金)
購入申込期間 12月8日(火)~12月11日(金)
上場日 12月15日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 200,000株
売出株数(OA含む) 505,000株
当選株数合計 705,000株

・当選株数は計705,000株。売買単位が100株なので、当たりは計7,050枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SBI証券 85.02% 573,900株 5,739枚 2,582枚
幹事 SMBC日興証券 4.00% 27,000株 270枚 27枚
大和証券 4.00% 27,000株 270枚 40枚
エイチエス証券 2.00% 13,500株 135枚 67枚
岡三証券 2.00% 13,500株 135枚 13枚
藍澤証券 0.99% 6,700株 67枚 -枚
エース証券 0.99% 6,700株 67枚 6枚
東海東京証券 0.99% 6,700株 67枚 6枚

・主幹事のSBI証券SMBC日興証券大和証券東海東京証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(11月30日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
中島 正三 71.72% 180日間
本田 浩之 12.16% 180日間
清水 康裕(社長) 4.74%
和田 光伸 2.53%
インキュベイトファンド2号投資事業有限責任組合 1.90% 180日間
赤浦 徹 1.90%
亀田 雅博 0.95%
松井 敬一 0.95%
藤原 木綿子 0.95%
加藤 義博 0.95%

 

企業業績のデータ(5年分)


  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年3月
(第2四半期)
売上高(百万円)   - 239 521 (450)
経常利益(百万円)   △1 113 167 (146)
当期純利益 (百万円)   △1 68 118 (93)
純資産額 (百万円)   1 146 218 (328)
1株あたりの純資産額(円)   2,398 51.31 112.80 -
1株あたりの純利益(円)   △7,601 38.34 61.49 (34.59)
自己資本比率(%)   47.7 51.7 59.2 -
自己資本利益率(%)   △633.9 139.2 74.9 -

※2013年3月期まで単独決算。2014年3月期から連結決算。
※2014年3月期以降、株式1株につき5,000株の分割を反映。
・売上、利益ともに急激に拡大しており、将来性を十分感じさせます。自己資本比率は高く、財務面での不安もありません。IPOで得た資金は、本社移転、人材採用・教育にかかる費用、および設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ダブルスタンダード(3925)、規模的にやや重たい案件ですが、流行のビックデータ関連ということで問題ないです。直近の業績の見栄えも良いですし、大株主のロックアップもしっかりかかっており、初値高騰の可能性が高いでしょう。ネット証券では、主幹事のSBI証券がねらい目です! その他、SMBC日興証券大和証券東海東京証券、岡三オンライン証券(1人1票制)からも当選のチャンスがあります。SBI証券は申込金額に応じて抽選権がもらえますので、余力があれば積極的に積んでいきましょう。