PC表示スマホ表示

デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)

 デジタル・インフォメーション・テクノロジーの事業内容は「業務系システム開発、組込み系システムの開発及び検証、システム運用サービス、自社開発ソフトウェア販売及びコンピュータ販売事業」で、ジャスダック上場のやや中型寄りの小型案件となっています。需給的にも優れており、初値高騰が期待できそうです。

デジタル・インフォメーション・テクノロジーのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる a


基本情報

会社名 デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916) 【JASDAQスタンダード】
会社URL http://www.ditgroup.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券むさし証券、岡三オンライン証券
岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,280円
仮条件 1,200円 ~ 1,300円
公募価格 1,300円
初値予想(独自) 2,500円 ~ 2,700円(5月15日時点)
初値 4,500円(公募価格比+246.2%)

・想定価格1,280円に対するPERは21.2倍
(上場時発行済株式数3,479,455株、201年月期の純利益 百万円、1株当たり利益60.35円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 6月1日(月)~6月5日(金)
当選発表日 6月8日(月)
購入申込期間 6月10日(水)~6月15日(月)
上場日 6月18日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 250,000株
売出株数(OA含む) 302,000株
当選株数合計 552,000株

・当選株数は計552,000株。売買単位が100株なので、当たりは計5,520枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC
フレンド証券
83.00% 398,400株 3,984枚 398枚
幹事 SBI証券 6.00% 28,800株 288枚 129枚
岡三証券 3.00% 14,400株 144枚 14枚
東洋証券 3.00% 14,400株 144枚 14枚
SMBC日興証券 2.00% 9,600株 96枚 9枚
いちよし証券 1.00% 4,800株 48枚 4枚
岩井コスモ証券 1.00% 4,800株 48枚 7枚
むさし証券 1.00% 4,800株 48枚 9枚

・主幹事以外だと、SBI証券SMBC日興証券むさし証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(6月2日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
市川 憲和(社長) 31.06%
NIインベストメント(株) 14.04%
社員持株会 8.73%
市川 聡 7.33%
進藤 稔 3.59%
中島 久幸 1.52%
(株)三菱東京UFJ銀行 1.40%
村上 誠 1.02%
(株)フォーカスシステムズ 0.98%
カシオ情報機器(株) 0.98%

・社長の市川、進藤、中島、村上氏、NIインベストメント(株)、(株)三菱東京UFJ銀行、カシオ情報機器(株)に対し、180日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
6月
2011年
6月
2012年
6月
2013年
6月
2014年
6月
売上高(百万円) 5,452 5,881 5,911 7,391 8,052
経常利益(百万円) 87 93 169 266 339
当期純利益 (百万円) 7 △23 45 109 209
純資産額 (百万円) 591 568 615 760 934
1株あたりの純資産額(円) 183.27 176.00 190.61 235.51 289.22
1株あたりの純利益(円) 2.40 △7.27 14.11 33.93 65.02
自己資本比率(%) 31.5 30.0 31.8 32.5 38.4
自己資本利益率(%) 1.3 - 7.7 15.4 24.8

※2012年6月期まで単独決算。2013年6月期から連結決算。
・売上、利益ともに右肩上がりで推移しており、今後の成長性も十分に感じられます。2015年6月期も第3四半期時点で、売上6,171百万円、経常利益356百万円と順調にきています。IPOで得た資金は、人材の採用および育成のための研究設備の改修・構築、業容の拡大に伴なう名古屋事業所の開設、新商品の開発費用に充てる予定です。

管理人からのコメント

 デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)、公開株数が少なく、大株主のロックアップもしっかりかかっていることから、需給面でもかなりの好案件です。直近の業績に関しても、とくに問題となるところは見られません。名前的にも、いかにも人気化しやすそうな案件ですので、積極的に当選を狙っていきたいところです。ネット証券では、副幹事のSBI証券と1人1票制のSMBC日興証券が狙い目で、その他、むさし証券、岡三オンライン証券、岩井コスモ証券から申し込みが可能となっています。