PC表示スマホ表示

ヤマシンフィルタ(6240)

 ヤマシンフィルタの事業内容は、「フィルタ製品の研究開発・製造及び販売」で、東証2部上場の中型案件となっています。老舗の製造業で2部上場となれば、まず人気化することはないでしょう。成長性、割安性の面から見ても、とくに盛り上がる要素は見当たりませんので、初値の上昇も期待しづらいです。

ヤマシンフィルタのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく d


基本情報

会社名 ヤマシンフィルタ(6240) 【東証2部】
会社URL http://www.yamashin-filter.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券カブドットコム証券大和証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,700円
仮条件 2,700円 〜 2,800円
公募価格 2,800円
初値予想(独自) 2,700円 〜 2,900円(9月2日時点)
初値 3,350円(公募価格比+19.6%)

・想定価格2,700円に対するPERは16.0倍(2014年3月期の純利益336百万円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 9月19日(金)〜9月26日(金)
当選発表日 9月29日(月)
購入申込期間 9月30日(火)〜10月3日(金)
上場日 10月8日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 300,000株
売出株数(OA含む) 286,500株
当選株数合計 586,500株

・当選株数は計586,500株。売買単位が100株なので、当たりは計5,865枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 83.00% 423,300株 4,233枚 423枚
幹事 SMBC日興証券 5.00% 25,500株 255枚 25枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
5.00% 25,500株 255枚 25枚
いちよし証券 2.00% 10,200株 102枚 15枚
大和証券 2.00% 10,200株 102枚 15枚
SBI証券 1.00% 5,100株 51枚 22枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 5,100株 51枚 5枚
岡三証券 1.00% 5,100株 51枚 5枚

・主幹事以外だと、副幹事のSMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券大和証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
(株)やまびこホールディングス 50.21%
山崎敦彦 11.88%
山崎敬明 7.50%
山崎裕明 7.50%
NIFSMBC−V2006S3投資事業有限責任組合 4.73%
(株)三井住友銀行 2.95%
三菱UFJキャピタル2号投資事業有限責任組合 2.12%
山崎一彦 1.90%
NIFSMBC-V2006S1投資事業有限責任組合 1.64%
野村證券(株) 1.47%

・三井住友銀行、NIFSMBC−V2006S3投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル2号投資事業有限責任組合に対して90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・やまびこホールディングス、山崎敦彦、敬明、裕明、一彦氏に対して90日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円) 5,575 9,924 10,678 9,088 10,530
経常利益(百万円) 172 2,091 789 △69 709
当期純利益 (百万円) △160 1,207 531 △253 336
純資産額 (百万円) 2,585 3,748 4,023 4,426 4,852
1株あたりの純資産額(円) 1,524 2,209 2,371 2,609 2,860
1株あたりの純利益(円) △94.53 711.61 313.06 △149.39 198.54
自己資本比率(%) 43.5 46.0 50.9 54.6 56.2
自己資本利益率(%) - 38.1 13.7 - 7.3

※2012年3月期まで単独決算。2013年3月期から連結決算。
・業績推移を見る限り、売上は頭打ち気味で、変動はそのときの好不況しだいという感じでしょうか。自己資本比率が高く、借入金に頼らない経営ができており、安全性の面では問題なさそうです。

管理人からのコメント

 ヤマシンフィルタ(6240)、マイナー性の強い東証2部上場で、1956年創業の老舗製造業ということもあり、人気化はむずかしいです。現在の利益に対する想定価格も決して割安ではなく、初値を上昇させるほどの買いを集めるには至らないでしょう。今回は無難に申し込みをしない方が良いと思いますが、当選を狙うなら、、副幹事のSMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券大和証券ら申し込みしましょう。