PC表示スマホ表示

ダイキョーニシカワ (4246)

(追記:2014年3月4日)

野村HTからダイキョーニシカワに当選しました!
IPOダイキョ—ニシカワ当選

 

 ダイキョーニシカワの事業内容は「自動車樹脂部品の製造、販売」です。
軽く分析しましたが、株数も多く、特別に成長性が高いわけではないので、公募価格付近で初値が決まりそうな感じです。

ダイキョーニシカワIPO画像
成長性 割安度
さんかく
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 ダイキョーニシカワ(4246) 【東証(所属部未定)】
会社URL http://www.daikyonishikawa.co.jp/jp/index.html
狙い目証券会社 SMBC日興証券SBI証券大和証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,450円
仮条件 1,450円〜1,600円
公募価格 1,600円
初値予想(独自) 1,800円(2月27日時点)
初値 1,799円

・想定価格1,450円から見たPER(株価収益率)は8.6倍とやや割安な水準に映るも、業界内で比較すると特段に割安という印象は受けない。

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月25日(火)〜3月3日(月)
当選発表日 3月4日(火)
購入申込期間 3月5日(水)〜3月10日(月)
上場日 3月3日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 3,655,500株
売出株数(OA含む) 548,300株
当選株数合計 4,203,800株

・当選株数は計4,203,800株。売買単位が100株なので、当たりは計42,038枚
・当選本数は多いのでやや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村証券 82% 2,997,800株 29,978枚 2997枚
幹事 ひろぎんウツミ屋証券 5% 182,700株 1,827枚 不明
大和証券 5% 182,700株 1,827枚 182枚
SMBC日興証券 3% 109,600株 1,096枚 109枚
みずほ証券 2% 73,100株 731枚 73枚
東洋証券 2% 73,100株 731枚 不明
SBI証券 1% 36,500株 365枚 146枚

大和証券SMBC日興証券SBI証券から申し込む。口座があれば、主幹事からも申し込んでおきたい。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
HCP−1号投資事業有限会社責任組合 30.57%
西川ゴム工業(株) 15.34%
(株)イノアックコーポレーション 6.63%
三菱商事プラスチック(株) 6.63%
住友商事(株) 6.04%
三井物産(株) 5.45%
(株)広島銀行 5.00%
マツダ(株) 5.00%
ニシカワオブアメリカインク 4.66%
ダイキョーニシカワ社員特殊会 3.91%

・ロックアップは90日間で、公募価格から1.5倍で解除。

企業業績のデータ(5年分)


  2009年
3月
2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月※1
2013年
3月
売上高(百万円) 101,803 89,218 88,202 83,729 87,655
経常利益(百万円) 2,417 5,620 4,797 3,712 4,248
当期純利益 (百万円) △206 3,291 2,404 2,166 2,473
純資産額 (百万円) 13,443 16,977 19,064 22,010 25,838
1株あたりの純資産額(円) 9,087 11,475 12,886 1,404 1,652
1株あたりの純利益(円) △139 2,224 1,625 146 168
自己資本比率(%) 23.2 24.4 30.1 28.2 30.0
自己資本利益率(%) - 21.6 13.3 10.9 11.0

※2012年より連結決算を採用。また、株式分割により10分割。
・目立った成長性は見られず、ほぼ横ばいのイメージ。

管理人からのコメント

 ダイキョーニシカワ(4246)を分析すると、業績が安定しているものの、際立った成長は見られず、また当選本数も多いため、初値上昇は限定的だと思われます。初値は公募価格付近で決まると予想します。大和証券SMBC日興証券SBI証券から申し込む予定です。