PC表示スマホ表示

大冷(2883)

(追記:2014年12月8日)

 SBI証券から大冷に当選しました! 

大令IPO当選(SBI証券)

 大冷の事業内容は「業務用冷凍食品の企画・開発・販売」で、東証2部上場の中型案件となっています。12月のIPOラッシュで投資余力が低下していることに加え、東証2部の地味目な案件ということで、なかなか資金集めには苦労しそうです。

大冷のホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 大冷(2883) 【東証2部】
会社URL http://www.dai-rei.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券SBI証券マネックス証券カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,770円
仮条件 1,700円 〜 1,800円
公募価格 1,800円
初値予想(独自) 1,800円 〜 2,000円(11月13日時点)
初値 1,680円(公募価格比-6.7%)

・想定価格1,770円に対するPERは11.9倍(2014年3月期の純利益896百万円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月1日(月)〜12月5日(金)
当選発表日 12月8日(月)
購入申込期間 12月10日(水)〜12月15日(月)
上場日 12月18日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 700,000株
売出株数(OA含む) 1,025,000株
当選株数合計 1,725,000株

・当選株数は計1,725,000株。売買単位が100株なので、当たりは計17,250枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
85.00% 1,275,000株 12,750枚 1,275枚
幹事 みずほ証券 5.00% 75,000株 750枚 75枚
SMBC日興証券 3.00% 45,000株 450枚 45枚
SMBC
フレンド証券
2.00% 30,000株 300枚 30枚
丸三証券 2.00% 30,000株 300枚 30枚
エース証券 1.00% 15,000株 150枚 15枚
SBI証券 1.00% 15,000株 150枚 67枚
マネックス証券 1.00% 15,000株 150枚 150枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券カブドットコム証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
(株)フルタ 51.49%
古田 耕司 18.84%
中道 博志 7.54%
齋藤 修(社長) 6.97%
正林 淳生 3.01%
西村 信義 1.59%
社員持株会 1.33%
関 秀和 1.32%
冨田 史好 0.94%
岩佐 成泰 0.83%

・中道氏を除く大株主に対して90日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円) 24,896 24,705 25,253 26,042 26,341
経常利益(百万円) 884 1,257 1,284 1,422 1,649
当期純利益 (百万円) 660 701 425 848 896
純資産額 (百万円) 2,289 2,628 2,695 3,418 4,048
1株あたりの純資産額(円) 953.82 1,095 1,123 643.95 762.72
1株あたりの純利益(円) 275.25 292.43 177.19 167.91 168.91
自己資本比率(%) 27.5 28.9 28.6 38.5 48.8
自己資本利益率(%) 32.7 28.5 16.0 27.8 24.0

※2013年3月期以降、株式1株につき2株の分割を反映。
・売上、利益ともにやや頭打ち気味の傾向にあります。業種や規模的にも、ここから爆発的に伸びるようなストーリが描きにくく、将来性はやや物足りない印象です。IPOで得た資金は、骨なし魚の原材料安定確保のための調達に充てる予定です。

管理人からのコメント

 大冷(2883)、IPOに事欠かないこの時期にはなかなか厳しい案件ですね。資金に余裕があれば、「とりあえず」の買いも期待できるでしょうが、これだけ乱立している状況では、それもむずかしいでしょう。ネット証券では、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券カブドットコム証券から申し込みが可能ですが、資金に余裕がなければ他の案件を優先した方が良いでしょう。