PC表示スマホ表示

リプロセル(4978)

(追記:2013年6月18日)

SBI証券からリプロセルに当選しました!リプロセルIPO当選(SBI証券)

 リプロセルの事業内容は「ヒトiPS細胞/ヒトES細胞の技術を基盤としたiPS細胞事業と臓器移植等に係わる臨床検査事業」となっています。市場は近年まれに見るほどの盛り上がりを見せていますし、山中教授のノーベル賞受賞で話題になっている「IPS細胞」を扱った事業ということもあり、初値は上がる可能性が高いでしょう。また、主幹事が「資金力に関係なく“1人1票”の完全平等抽選」を採用しているSMBC日興証券である点にも注目です。

リプロセルのIPO情報
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる s


基本情報

会社名 リプロセル(4978) 【JASDAQグロース】
会社URL https://www.reprocell.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,570円
仮条件 2,830円 〜 3,200円
公募価格 3,200円
初値予想(独自)
初値 17,800円 (公募価格比 +456.3%)

・直近5年の業績(下部参照)を見てもお分かりいただけますように、現在はまだ製品の開発が中心で、利益が上がる体質ではありません。その点からすると、割安性はまったくないと言ってよいでしょう。

抽選申込期間 6月11日(火)〜6月17日(月)
当選発表日 6月18日(火)
購入申込期間 6月19日(水)〜6月21日(金)
上場日 6月26日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 642,000株
売出株数(OA含む) 849,200株
当選株数合計 1,491,200株

・当選株数は計1,491,200株。売買単位が100株なので、当たりは計14,912枚
・当選本数は少なく、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 80% 1,037,700株 10,377枚 1,037枚
幹事 SBI証券 8% 103,700株 1,037枚 466枚
野村證券 6% 77,800株 778枚 77枚
みずほ証券 2% 25,900株 259枚 25枚
SMBC
フレンド証券
1% 12,900株 129枚 12枚
岩井コスモ証券 1% 12,900株 129枚 12枚
いちよし証券 1% 12,900株 129枚 12枚
エース証券 1% 12,900株 129枚 12枚

・主幹事のSMBC日興証券はもちろん、副幹事のSBI証券からも申し込んでおくと良いでしょう。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
SBIインキュベーション 11.49%
ニプロ(株) 11.36%
中内 啓光 8.86%
中辻 憲夫 8.86%
ジャフコ産学共創2号投資事業有限責任組合 6.49%
トランスサイエンス弐ビー号投資事業有限責任組合 5.17%
横山 周史(社長) 4.79%
トランスサイエンス参号投資事業有限責任組合 3.92%
バイオコンテンツ投資事業有限責任組合 3.84%
淺井 文子 3.25%

・大株主に対するロックアップは90日間で、公募価格から1.5倍で解除。

企業業績のデータ(5年分)


  2008年
3月
2009年
3月
2010年
3月
2012年
3月
2013年
3月
売上高(百万円) 66 178 221 278 316
経常利益(百万円) △133 △65 △44 △29 △20
当期純利益 (百万円) △133 △66 △50 △34 △22
純資産額 (百万円) 138 302 302 267 245
1株あたりの純資産額(円) 160 408 395 34 32
1株あたりの純利益(円) △219 △98 △67 △4.56 △2.90
自己資本比率(%) 86.6 90.6 90.6 84.2 78.0
自己資本利益率(%) - - - - -

・見事なまでの赤字体質ですね(汗”) これぞ「バイオベンチャー」といったところでしょうか。ただ、山中教授が「IPS細胞」の研究でノーベル賞を取ってから、その“将来性”に期待して大量の資金がバイオベンチャーに流れており、株価も右肩上がりの上昇を続けています。“割安性”や“安全性”は皆無ですが、それをおぎなって余りある将来性があります。

管理人からのコメント

 リプロセル(4978)に関しては将来性の一点勝負です。平常時の市場ではリスクも高いですが、今は世界的なカネ余り状態ですので、「IPS細胞」という話題性の高さがフルに働きます。大株主に関しては、ベンチャーキャピタルの割合が高いですが、公募価格から1.5倍以上にならないと売れません(ロックアップ)ので、そこまでは難なく上がるでしょう。とりあえず、主幹事・副幹事のSMBC日興証券SBI証券からの申し込みはハズせません。