PC表示スマホ表示

オンコリスバイオファーマ(4588)

SBI証券からオンコリスバイオファーマに当選しました! 

オンコリスバイオファーマIPO当選(SBI証券)

 オンコリスバイオファーマの事業内容は「癌や重症感染症を対象にした創薬事業」で、マザーズ上場の大型案件となっています。普通ならとても初値が上昇する案件ではありませんが、バイオブームが来ている今なら、大幅な上昇も期待できるでしょう。

オンコリスバイオファーマホームページ画像
成長性 割安度
話題性 総合評価


基本情報

会社名 オンコリスバイオファーマ(4588) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.oncolys.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,420円
仮条件 2,420 〜 2,600円
公募価格 2,600円
初値予想(独自) -
初値 3,500円(公募価格比+34.6%)

・公募価格2,420円は、2013年12月期の予想1株あたり利益111.97円の14.7倍。すでに上場している同様の環境に置かれた企業に対しては少し高い水準にありますが、一般的には割安とされる水準です。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月21日(木)〜11月27日(水)
当選発表日 11月28日(木)
購入申込期間 11月29日(金)〜12月3日(火)
上場日 12月6日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 2,220,000株
売出株数(OA含む) 333,000株
当選株数合計 2,553,000株

・赤字のためPERは計測不能です。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 82.97% 1,842,000株 18,420枚 1,842枚
幹事 みずほ証券 4% 88,800株 888枚 89枚
エース証券 3% 66,600株 666枚 67枚
いちよし証券 3% 66,600株 666枚 67枚
香川証券 3% 66,600株 666枚 67枚
岡三証券 1% 22,200株 222枚 22枚
SMBCフレンド
証券
1% 22,200株 222枚 22枚
SBI証券 1% 22,200株 222枚 89枚
岩井コスモ証券 1% 22,200株 222枚 22枚

IPO当選は主幹事であるSMBC日興証券が一番のチャンスです。SBI証券などからフォローするのも望ましいです。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
湘南ソニック1号投資事業有限責任組合 34.34%
浦田 泰生 10.50%
アステラス製薬(株) 9.37%
WONIK CUBE Corp. 9.18%
KD Partners Co.,Ltd. 5.70%
Min Kon Kim 5.30%
CBC(株) 4.83%
NVCC6号投資事業有限責任組合 3.09%
アイビス新成長投資事業組合 2.41%
六反田 靖 2.24%

・大株主に対するロックアップは180日間で、公募価格から1.5倍で解除。

企業業績のデータ(5年分)


  2008年
12月
2009年
12月
2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
売上高(百万円) 254 67 266 185 396
経常利益(百万円) △1,603 △835 28 △5 △98
当期純利益 (百万円) △1,615 △906 37 14 △102
純資産額 (百万円) 616 110 295 309 472
1株あたりの純資産額(円) 15,486 2,535 5,859 61.43 74.67
1株あたりの純利益(円) △42,084 △22,306 854.79 2.97 △16.83
自己資本比率(%) 74.0 29.1 72.4 55.6 59.0
自己資本利益率(%) 74.0 29.1 72.4 55.6 59.0

※2011年12月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・上場前のバイオベンチャーにしてはめずらしく黒字になっている期がありますが、直近では赤字になっており、今後の業績には不安があります。IPOで得た資金は、研究開発に充てる予定です。

管理人からのコメント

 オンコリスバイオファーマ(4588)、時事ネタのバイオ関連の会社です。業績面ではよくありませんが、バイオへの注目がありますので、それなりの盛り上がりが期待できます。当選を狙うなら、1人1票制のSMBC日興証券がおすすめです。その他、SBI証券からも申し込みが可能となっていますので、積極的に狙っていきましょう。