PC表示スマホ表示

エナリス(6079)

SBI証券からエナリス(6079)に当選しました!

エナリスIPO当選(SBI証券) 

 エナリスは、「電力需要家に対する、電力調達・運用コスト削減のための各種サービス」を提供している会社です。「電力」というテーマは、国策にも合致しますので、市場の注目度は抜群に高いです。上場場所も人気化しやすいマザーズですし、初値高騰は間違いないでしょう。また、規模的には中型ですが、公募価格が280円と安いため、抽選本数が多く、幅広い方に恩恵がゆきとどく案件となっています。

エナリスのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる まる
話題性 総合評価
にじゅうまる s


基本情報

会社名 エナリス(6079) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.eneres.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 230円
仮条件 240円 〜 280円
公募価格 280円
初値予想(独自) -
初値 717円 (公募価格比 +156.1%)

・公募価格280円は、2013年12月期の予想1株あたり利益15.26円の18.3倍。日本株の平均が15倍程度ですので、少し割高感があるように思えますが、エナリスの急成長ぶりを考慮すれば、むしろ“安い”と言えます。

IPOスケジュール

抽選申込期間 9月19日(木)〜9月26日(木)
当選発表日 9月27日(金)
購入申込期間 9月30日(月)〜10月3日(木)
上場日 10月8日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 4,170,000株
売出株数(OA含む) 4,760,000株
当選株数合計 8,930,000株

・当選株数は計8,930,000株。売買単位が100株なので、当たりは計89,300枚
・当選本数は多く、当たりやすい案件となっています。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村証券 80% 6,216,000株 62,160枚 6,216枚
幹事 SMBC日興証券 5% 388,500株 3,885枚 388枚
みずほ証券 5% 388,500株 3,885枚 388枚
大和証券 3% 233,100株 2,331枚 349枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
1% 77,700株 777枚 77枚
ちばぎん証券 1% 77,700株 777枚 77枚
岡三証券 1% 77,700株 777枚 77枚
いちよし証券 1% 77,700株 777枚 116枚
エース証券 1% 77,700株 777枚 77枚
マネックス証券 1% 77,700株 777枚 777枚
SBI証券 1% 77,700株 777枚 349枚

・ネット証券だと、SMBC日興証券マネックス証券SBI証券が狙い目。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
池田 元英(社長) 32.76%
池田 奈月 32.67%
ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合 16.46%
NIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合 7.72%
(有)プリシャス 6.17%
渡部 健 1.38%
(株)エナリス 0.34%
久保 好孝 0.09%
長沼 隆治 0.09%
高橋 直弘 0.09%

・渡辺健氏より上の大株主に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2009年
12月
2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年12月
(第2四半期)
売上高(百万円) - - 1,480 5,103 (3,487)
経常利益(百万円) - - 331 519 (448)
当期純利益 (百万円) - - 263 411 (295)
純資産額 (百万円) - - 333 761 (1,057)
1株あたりの純資産額(円) - - 8.85 20.10 -
1株あたりの純利益(円) - - 25.00 10.91 (7.83)
自己資本比率(%) - - 36.5 37.7 -
自己資本利益率(%) - - 78.9 75.3 -

・ご覧いただけるように売り上げ、利益ともに急拡大中です。事業内容は国策にも合致しており、向こう数年は国からの支援が期待でき、先行きは非常に明るいです。また、自己資本に対する利益の割合が抜群に高いので、新規上場で調達した資金を使って、更なる利益拡大が見込めます。

管理人からのコメント

 エナリス(6079)は、純粋な投資対象としても、IPOイベントとしても、超一級の銘柄と言ってよいでしょう。ロックアップが解除される公募価格の1.5倍は問題なくクリアし、その後もベンチャーキャピタルが急いで売るようなことは無いと思います。とりあえず、1人1票の抽選権が与えられるSMBC日興証券(副幹事)、マネックス証券から申し込んで、残った資金を金額に応じて抽選権が与えられるSBI証券に注ぎ込みましょう。グッドラック!