PC表示スマホ表示

イーグランド(3294)

 イーグランドは、「中古住宅の再生」を事業としています。いっときより不動産の話題性がしぼんでしまったのは残念ですが、それでもジャスダック上場の小型銘柄ということもあり、人気を集めそうです。ただ、同日にあと3社が新規上場を予定しており、資金が分散してしまうため、初値が爆発的に高騰するようなことはなさそうです。

イーグランドのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 イーグランド(3294) 【JASDAQスタンダード】
会社URL http://www.e-grand.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券SBI証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 3,030円
仮条件 3,030円 〜 3,300円
公募価格 3,300円
初値予想(独自) -
初値 4,200円 (公募価格比 +27.3%)

・公募価格3,300円は、2014年3月期の予想1株あたり利益343.37円の9.6倍。同業他社も10倍程度になっており、公募価格は妥当な水準と言えます。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月29日(金)〜12月5日(木)
当選発表日 12月6日(金)
購入申込期間 12月10日(火)〜12月13日(金)
上場日 12月18日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 250,000株
売出株数(OA含む) 152,500株
当選株数合計 402,500株

・当選株数は計402,500株。売買単位が100株なので、当たりは計4,025枚
・当選本数は少なく、当たりにくくなっています

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 85% 297,500株 2,975枚 297枚
幹事 野村証券 5% 17,500株 175枚 17枚
いちよし証券 5% 17,500株 175枚 26枚
SMBC日興証券 2% 7,000株 70枚 7枚
SBI証券 1% 3,500株 35枚 15枚
マネックス証券 1% 3,500株 35枚 35枚
岩井コスモ証券 1% 3,500株 35枚 3枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
江口 久(社長) 38.91%
信金キャピタル二号投資事業有限責任組合 7.70%
江口 惠津子 5.78%
(株)新生銀行 4.62%
江口 直宏 3.85%
千田 美穂 3.85%
山本 香菜 3.85%
ジャフコV2共有投資事業有限責任組合 3.70%
(株)ジューテック 3.08%
佐々木 洋 2.62%

・大株主に対するロックアップは90日間で、公募価格から1.5倍で解除。

企業業績のデータ(5年分)


  2008年
3月
2009年
3月
2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
売上高(百万円) 7,512 6,740 8,966 9,766 9,255
経常利益(百万円) 181 801 608 160 317
当期純利益 (百万円) 104 485 335 96 350
純資産額 (百万円) 1,139 1,624 1,959 2,056 2,407
1株あたりの純資産額(円) 933,978 1,331,612 1,606,463 1,685 1,972
1株あたりの純利益(円) 85,945 397,633 274,850 78.89 287.61
自己資本比率(%) 29.7 31.8 31.5 32.7 30.0
自己資本利益率(%) 9.7 35.1 18.7 4.8 15.7

・業績はあまり安定していませんね。売り上げも景気に応じて上下しているようですし、事業の継続的な成長はあまり期待できなさそうです。不動産業なので当たり前なのですが、自己資本比率が30%程度と低く、借入金に頼った経営をしています。そのため、将来的に金利が上昇してくると、コスト負担が大きくなり、業績が圧迫されます。

管理人からのコメント

 少し上場のタイミングが遅い気がしますね。2012年11月に政権が交代してから、将来のインフレを期待して不動産株が買われてきましたが、5月以降はよこばいに推移しており、一時期の勢いはなくなってしまいました。イーグランド(3294)自体は光り輝くものを感じませんし、上場環境もよくありませんので、正直、初値が高騰するイメージは持てません。ただ、それでもジャスダック上場の小型銘柄ということで、ある程度の買いは集まりそうです。