PC表示スマホ表示

ダイキアクシス(4245)

 ダイキアクシスは、「浄化槽をはじめとする各種水処理設備の製造・販売、および維持管理」などを事業とする会社です。人気度の低い東証2部上場に加えて、同日にあと3社が新規上場することもあり、初値の上昇はあまり期待できなさそうです。

ダイキアクシスのホームページ画像
成長性 割安性
まる まる
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 ダイキアクシス(4245) 【東証2部】
会社URL http://www.daiki-axis.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券マネックス証券カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,200円
仮条件 1,200円 〜 1,300円
公募価格 1,300円
初値予想(独自) -
初値 1,351円 (公募価格比 +3.9%)

・公募価格1,300円は、2013年12月期の予想1株あたり利益157.26円の8.3倍。一般的に15倍〜20倍が適正ですので、だいぶ割安な水準と言えます。

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月2日(月)〜12月6日(金)
当選発表日 12月9日(月)
購入申込期間 12月11日(水)〜12月16日(月)
上場日 12月19日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 700,000株
売出株数(OA含む) 305,000株
当選株数合計 1,005,000株

・当選株数は計1,005,000株。売買単位が100株なので、当たりは計10,050枚
・当選本数は一般的で、標準的な当選確率となっています。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
80% 560,000株 5,600枚 56枚
幹事 大和証券 5% 35,000株 350枚 52枚
SMBC日興証券 5% 35,000株 350枚 35枚
みずほ証券 3% 21,000株 210枚 21枚
マネックス証券 1% 7,000株 70枚 70枚
香川証券 1% 7,000株 70枚 7枚
アイザワ証券 1% 7,000株 70枚 7枚
東洋証券 1% 7,000株 70枚 7枚
いちよし証券 1% 7,000株 70枚 10枚
岩井コスモ証券 1% 7,000株 70枚 7枚

・主幹事以外だと、マネックス証券、、SMBC日興証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
大亀 裕(社長) 47.22%
ジャフコV1-B号投資事業有限責任組合 7.21%
(株)伊予銀行 4.81%
(株)愛媛銀行 4.81%
従業員持株会 4.61%
ジャフコV1-スター投資事業有限責任組合 4.24%
投資事業組合オリックス10号 3.20%
(株)日本政策投資銀行 3.20%
ジャフコV1-A号投資事業有限責任組合 2.96%
MUFGベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合 2.88%

・大株主に対するロックアップは90日間で、公募価格から1.5倍で解除。

企業業績のデータ(5年分)


  2008年
12月
2009年
12月
2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
売上高(百万円) 22,101 18,976 21,743 24,929 27,202
経常利益(百万円) △278 62 384 484 564
当期純利益 (百万円) △921 △162 283 248 216
純資産額 (百万円) 2,604 2,482 2,832 3,561 3,823
1株あたりの純資産額(円) 104,284 99,396 113,415 1,424 1,529
1株あたりの純利益(円) △36,890 △6,522 11,339 99.43 86.82
自己資本比率(%) 19.2 17.7 21.9 23.8 23.7
自己資本利益率(%) - - 10.7 7.2 5.9

※2011年12月期より連結決算
・売り上げ、経常利益ともにきれいな右肩上がりを続けています。ただ、2013年12月期の会社発表の予想売り上げは、前年比+5.9%となっており、成長ペースの鈍化が見られますので注意が必要です。また、自己資本比率が20%台前半と低く、事業の運転を借入金に頼る体質となっています。将来的に金利が上がってくると、利払い負担が大きくのしかかってきますので、こちらにもご注意ください。

管理人からのコメント

 純粋な投資対象として見た場合、成長性もあって割安でもあるダイキアクシス(4245)はなかなか良い株です。ただ、IPOというイベントとして見た場合、「東証2部というマイナー性」「前日に4社、同日にあと3社が新規上場する過剰供給」という点から、初値高騰はあまりにも期待しにくい状況です(汗”) 資金に余裕がなければ、ここは申し込むのをやめて、他に資金を回した方が良いでしょう。