PC表示スマホ表示

アジュバンコスメジャパン(4929)

 アジュバンコスメジャパンの事業内容は、「化粧品等の商品企画、研究開発、販売」で、東証2部上場の中型案件となっています。マイナー性の強い取引所に上場するうえ、業績も頭打ち気味で、とくに注目を集める要素がありません。公募割れするような案件ではなさそうですが、初値が高騰することもないでしょう。

アジュバンコスメジャパンのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 アジュバンコスメジャパン(4929) 【東証2部】
会社URL http://www.adjuvant.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,350円
仮条件 1,250円 〜 1,350円
公募価格 1,250円
初値予想(独自) -
初値 1,310円(公募価格比 +4.8%)

・想定価格1,350円に対するPERは8.7倍(2013年3月期の予想1株あたり利益155.74円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月27日(火)〜12月3日(月)
当選発表日 12月4日(火)
購入申込期間 12月5日(水)〜12月10日(月)
上場日 12月13日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 750,000株
売出株数(OA含む) 400,000株
当選株数合計 1,150,000株

・当選株数は計1,150,000株。売買単位が100株なので、当たりは計11,500枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 80.00% 800,000株 8,000枚 800枚
幹事 SMBC日興証券 8.00% 80,000株 800枚 80枚
みずほ証券 4.00% 40,000株 400枚 40枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
4.00% 40,000株 400枚 40枚
SBI証券 2.00% 20,000株 200枚 90枚
岡三証券 2.00% 20,000株 200枚 20枚

・主幹事以外だと、副幹事のSMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
中村 豊(社長) 27.46%
田中 昌樹 18.33%
田中 順子 9.15%
T・Nソリューション 9.15%
ボンニー 9.15%
松井 健二 5.31%
従業員持ち株会 3.96%
木原 栄 2.06%
窪田 孝 1.92%
中川 秀男 1.65%

・大株主に対して90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2008年
3月
2009年
3月
2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
売上高(百万円) 3,028 3,257 3,846 4,063 4,144
経常利益(百万円) 484 486 548 979 945
当期純利益 (百万円) 384 305 158 534 276
純資産額 (百万円) 1,093 1,431 1,601 1,990 2,429
1株あたりの純資産額(円) 1,310 1,637 1,793 2,228 2,526
1株あたりの純利益(円) 462.31 358.28 180.78 599.14 308.03
自己資本比率(%) 42.0 46.5 38.7 47.2 55.1
自己資本利益率(%) 42.1 24.2 10.5 30.8 12.5

※2010年3月期まで単独決算。2011年3月期から連結決算。
・基本的に業績は右肩上がりで推移していますが、直近は頭打ち気味なのが気がかりですね。IPOで得た資金は、借入金の返済と、香港出店の運転資金に充てるとのことですので、今後の成長性は香港市場によるところが大きいでしょう。

管理人からのコメント

 アジュバンコスメジャパン(4929)、化粧品の市場規模を考えれば、まだまだ成長する余地はありますが、売上が頭打ちになってきていることから、今後大きく成長していく可能性は低そうです。割安度も普通で、東証2部上場とあっては、IPOで大きなリターンを期待するのはむずかしいでしょう。当選を狙うなら、副幹事のSMBC日興証券を筆頭に、SBI証券カブドットコム証券からも申し込んでおきましょう。