PC表示スマホ表示

ダブル・スコープ(6619)

 ダブル・スコープの事業内容は「リチウムイオン二次電池用セパレータの製造・販売」で、マザーズ上場の大型案件となっています。事業の成長性はかなり評価できますが、それを加味しても想定価格が高いという印象。総合評価は「C」としました。

ダブル・スコープのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 ダブル・スコープ(6619) 【東証マザーズ】
会社URL http://w-scope.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,900円
仮条件 2,500円 ~ 2,800円
公募価格 2,500円
初値予想(独自) -
初値 2,300円(公募価格比 -8.0%)

・想定価格2,900円に対するPERは161倍(2010年12月期の純利益255百万円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月1日(木)~12月7日(水)
当選発表日 12月8日(木)
購入申込期間 12月9日(金)~12月13日(火)
上場日 12月16日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,503,100株
売出株数(OA含む) 1,309,900株
当選株数合計 2,813,000株

・当選株数は計2,813,000株。売買単位が100株なので、当たりは計28,130枚
・当選本数は多い方で、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 85.01% 2,079,400株 20,794枚 2,079枚
幹事 みずほ証券 10.00% 244,600株 2,446枚 244枚
岡三証券 2.00% 48,900株 489枚 48枚
SBI証券 1.00% 24,400株 244枚 109枚
マネックス証券 1.00% 24,400株 244枚 244枚
エイチエス証券 1.00% 24,400株 244枚 122枚

・主幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
崔 元根(Choi WonKun)(社長) 18.86%
TNPオンザロード1号 14.97%
TNP SC ASIA 第1号 5.32%
金 廷龍(Kim JungYong) 4.48%
伊藤忠商事 4.47%
The Fourth Partner’s Investment Fund 3.44%
朴 宗燦(Park JongChan) 2.94%
SVIC No. 15 NEW TECHNOLOGY BUSINESS INVESTMENT 2.75%
ニッセイ・キャピタル4号 2.16%
ジャフコ・スーパーV3共有 2.11%

・大株主に対し、180日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2006年
12月
2007年
12月
2008年
12月
2009年
12月
2010年
12月
売上高(百万円) 24 87 123 1,244 1,686
経常利益(百万円) △183 △56 △83 61 124
当期純利益 (百万円) △184 △57 △84 3 255
純資産額 (百万円) 1,872 2,416 2,424 1,160 2,689
1株あたりの純資産額(円) 103,252 123,060 121,769 1,591 4,373
1株あたりの純利益(円) △11,187 △3,124 △4,302 175.01 10,534
自己資本比率(%) 93.2 99.8 98.5 72.9 61.5
自己資本利益率(%) △14.6 △2.7 △3.5 0.4 13.3

※2008年12月期まで単独決算。2009年12月期から連結決算。
・売上の拡大ペースが凄まじく、利益も2009年に黒字転換し、その後順調に拡大しています。IPOで得た資金は、連結子会社への投融資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ダブル・スコープ(6619)、事業の将来性はかなり評価できますが、いかんせん想定価格が高いです。相場が活況であれば、それでも将来の期待から買いが入るのですが、今はそういう買いがなかなか期待しづらいこともあり、初値の大幅上昇はきびしいと予想。当選を狙うなら、1人1票制で主幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券から申し込みが可能となっています。