PC表示スマホ表示

2017年のIPOの結果をまとめました!

春のIPOラッシュが終わりましたので、とりあえず、ここまでのIPO結果をまとめてみました!下の表は「初値で売って得られた利益」の大きい順(ベスト10)に並べたものです。

銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社
第1位 ユーザーローカル 4,657本 2,940円 12,500円 +95.6万円 +325.2% 大和
SMBC日興
SBI安藤
第1位 テモナ 3,321本 2,550円 8,050円 +55万円 +215.7% SMBC日興
岩井SBI
マネックス安藤
第1位 シャノン 1,725本 1,500円 6,310円 +48.1万円 +320.7% SBI
マネックス安藤
ティーケーピー 5,855本 6,060円 10,560円 +45万円 +74.3% 大和
SMBC日興
東海東京
SBIカブコム
安藤楽天
インターネット
インフィニティー
2,240本 1,320円 5,040円 +37.2万円 +281.8% 大和
SMBC日興岩井
SBIマネックス
安藤
銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社
ほぼ日 4,600本 2,350円 5,360円 +30.1万円 +128.1% SMBC日興
マネックスSBI
カブコム安藤
ユナイテッド&
コレクティブ
2,972本 1,620円 4,500円 +28.8万円 +177.8% SMBC日興
大和)、SBI
岩井マネックス
安藤
ファイズ 6,325本 1,250円 4,010円 +27.6万円 +220.8% 大和
SMBC日興
SBI安藤
オロ 11,500本 2,070円 4,750円 +26.8万円 +129.5% 松井マネックス
SBI安藤
No.1 5,060本 1,570円 3,460円 +18.9万円 +120.4% SBI
SMBC日興
岩井安藤
銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社

 

1位は、大和証券主幹事を務めましたユーザーローカル+95.6万円です。当選本数は4,657本と少なく、大株主に対するロックアップも期間でかかっていたため、供給がかなりしぼれていました。加えて、人気テーマの人工知能(AI)クラウドサービスをかかえていたことで、供給をはるかに上回る需要が生まれ、天井知らずの上げとなりました。ちなみに、当選株のうち約90%大和証券への割り当てでした。

2位も、SMBC日興証券主幹事を務めましたテモナ+55万円です。当選本数は3,321本と少なく、大株主に対するロックアップも期間でかかっていたため、供給がずば抜けてよかったです。他にそこまでの材料は見当たらなかったので、好相場にめぐまれた結果に思えます。当選株のうち約90%SMBC日興証券への割り当てでした。

3位は、SBI証券副幹事を務めましたシャノン+48.1万円です。当選本数が1,725本しかなく、主要大株主に対しても期間でロックアップがかかっていたため、需給がかなりしぼれていました。また、年明け最初のIPOということで、ご祝儀買いの需要も生まれ、大幅上昇となりました。

それにしても、今年もまた大和証券SMBC日興証券がランキング上位IPOの主幹事を務めていますね。どちらも1人1票の平等抽選(割当株のうち 大和:15%、日興:10%)を採用していますので、資金の少ない個人投資家にも当選のチャンスが十分にあります。まだ口座を開設されていない方は、ぜひこの機会に口座開設しておきましょう☆

超オススメ

  • SMBC日興証券の口座開設はこちら
  • 超オススメ
  • 大和証券の口座開設はこちら
  • SBI証券の口座開設はこちら