PC表示スマホ表示

HEROZの初値が高騰!3つの理由と今後の注目銘柄は?

 2018年4月20日に東証マザーズに上場したHEROZ(4382)が、歴史的な大暴騰を見せました!当選者は一撃で「+450万円」です!なぜこんなに人気が出たのか?どうすれば当選したのか?など、気になるポイントを解説していきます!

HEROZ板

 画像は3日目(4月24日12:10)の板(出典:SBI証券

注目の初値は…?

 公募価格決定から上場、初値まで順に見ていきましょう!

日付 初値(気配値など) 上限値段
4/12(公募価格決定) 4,500円(公募価格) -
4/20(初日) 10,350円(買い気配) 10,350円
4/23(2日目) 23,810円(買い気配) 23,810円
4/24(3日目) 49,000円 54,800円

 (2018年4月24日追記)
3日目の後場で寄り付きました。初値はなんと「49,000円」、公募価格の10倍以上(テンバガー)です!公募株当選組は労せずして、+450万円を手にすることとなりました。最近のIPOは本当に夢がありますね♪

 (上場2日目の展望)
なんと、2日連続初値付かずで、明日には上場3日目に突入することになりました!すでに気配は「23,810円」と公募価格の5.3倍に達しており、仮に、この価格で売れたとして、ざっと+200万円です…。明日さらに上昇するので、歴史的な価格になるのは間違いありません。尚、上限値段というのは、東証が発表している 「初値決定前の気配運用について」を見ると分かります。もし、3日目も値が付かないと、公募価格の10倍を超えてしまいますね…。当選されている方は笑いが止まりませんね!

 それでは、なぜHEROZの初値がこれだけ高騰しているのでしょうか?その理由は3つあると考えています。それぞれ詳しく見てみましょう!

人気が出た原因(1):公開株数が極端に少ない

 HEROZの公募株数は172,200株、売り出し25,800株と合わせても、合計で198,000株しかありませんでした。単元株数は100株なので、1,980枚しか出回らなかったのです。公開株数が少ない案件は初値が上昇する傾向にあります。ここ1年に上場した企業のうち、公開株数300,000株以下の企業からピックアップしてみましたのでご覧ください。

上場
年月日
企業名 総合
評価
上場市場 当たり本数 公開株数
/発行済株数
吸収金額 ロック
アップ
公募価格 初値 初値
上昇率
2018年
4月4日
ビープラッツ
(4381)
s 東証
マザーズ
1,725本 15.5% 3.8億円 1.5倍 2,200円 10,000円 +7,800円
(+354.5%)
2018年
3月30日
日本リビング保証
(7320)
b 東証
マザーズ
1,845本 11.8% 3.2億円 1.5倍 1,760円 5,100円 +3,340円
(+189.8%)
2018年
3月28日
アジャイルメディア・
ネットワーク

(6573)
a 東証
マザーズ
1,426本 21.8% 4.3億円 1.5倍 3,000円 15,470円 +12,470円
(+415.7%)
2017年
12月15日
イオレ
(2334)
s 東証
マザーズ
2,932本 12.9% 5.5億円 90日間 1,890円 5,100円 +3,210円
(+169.8%)
2017年
11月28日
幸和製作所
(7807)
c JASDAQ
スタンダード
2,969本 23.1% 10.5億円 180日間 3,520円 7,980円 +4,460円
(+126.7%)
上場
年月日
企業名 総合
評価
上場市場 当たり本数 公開株数
/発行済株数
吸収金額 ロック
アップ
公募価格 初値 初値
上昇率

 ビープラッツイオレのように、人気化しやすい事業内容の案件もありますが、幸和製作所のように、通常であれば人気化しにくい事業内容でも、公開株数の少なさから初値が高騰するケースがたびたびあります。事業内容や業績のチェックももちろん重要ですが、公開株数の少なさも一つの目安になります。

人気が出た原因(2):人気テーマ「AI関連」

 HEROZはいわゆる「AI(人工知能)関連銘柄」です。

 「Ponanza(ポナンザ)」という名称を聞いたことはないでしょうか?2017年の第2期電王戦で佐藤天彦名人を破った将棋用AIです。このPonanzaの開発者がHEROZのリードエンジニアであり、それらを活かして「将棋ウォーズ」や「CHESS HEROZ」といった頭脳ゲームをリリースしています。

 ディープランニング(深層学習)による機械学習は、頭脳ゲームだけでなく他分野への応用も可能な技術です。HEROZのAI技術は、すでに大手金融機関でも導入されるなど、今後の発展が大いに期待されています。そのため、非常に多くの買い注文が殺到している状況です。

 ここで、最近の「AI関連銘柄」をご覧ください。

上場年月日 企業名 銘柄
コード
総合
評価
上場市場 当たり本数 公募価格 初値 利益
(初値売り時)
初値
上昇率
2018年3月27日 RPAホールディングス 6572 東証
マザーズ
6,000本 3,570円 14,280円 +107.1万円 +300%
2017年12月14日 エル・ティー・エス 6560 東証
マザーズ
7,475本 680円 2,810円 +21.3万円 +313.2%
2017年11月21日 サインポスト 3996 東証
マザーズ
3,565本 2,200円 8,530円 +63.3万円 +287.7%
2017年9月13日 エスユーエス 6554 東証
マザーズ
4,071本 2,300円 4,970円 +26.7万円 +116.1%
2017年3月30日 ユーザーローカル 3984 東証
マザーズ
4,657本 2,940円 12,500円 +95.6万円 +325.2%
上場年月日 企業名 銘柄
コード
総合
評価
上場市場 当たり本数 公募価格 初値 利益
(初値売り時)
初値
上昇率

 どれも公募価格の2倍以上の初値を付けています。先月上場したRPAホールディングスも公募価格の4倍、初値売りで+107万円の利益が出ています。このように「AI関連銘柄」銘柄はIPOでも要注目テーマなのです!

人気化しやすい案件」で「公開株数が非常に少ない」ために、初値が高騰したと考えられます。

人気が出た原因(3):好調なIPO市場

 2018年のIPO市場は、近年にないほど好調に推移しています。今年に入ってから上場した企業は21社(リート除く)で、そのうち19社が公募価格を上回る初値を付けています。まさに、“IPOバブル”とも言える状況ですね!

 さらに、今年のIPOは、「4倍以上の高騰が多数出ている」のも特徴です。HEROZの上場までに、なんと5社が公募価格の「4倍以上」の初値を付けました。以下は2018年3月までの初値上昇ランキングです。

銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社
第1位 アジャイルメディア・
ネットワーク
1,426本 3,000円 15,470円 +124.7万円 +415.7% SBI
SMBC日興
岡三オンライン
マネックス
第2位 RPAホールディングス 6,000本 3,570円 14,280円 +107.1万円 +300% SBI
大和
SMBC日興
マネックス
岩井
岡三オンライン
ライブスター
第3位 ビープラッツ 1,725本 2,200円 10,000円 +78.0万円 +354.5% 野村
SMBC日興
SBI
マネックス
ジェイテック
コーポレーション
11,500本 2,250円 9,700円 +74.5万円 +331.1% SMBC日興
SBI
マネックス
岡三オンライン
Mマート 6,755本 1,240円 5,380円 +41.4万円 +333.9% 大和
SMBC日興
マネックス
SBI証券
岡三オンライン
銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社

 今年は去年よりもIPO案件が少なめで、優良案件に資金が集中しやすい傾向にあります。公募割れしそうな銘柄以外は、どんどん申し込んだ方が良さそうです!

当選が狙えた証券会社

 非常に公開株数が少ないことは説明しましたが、どの証券会社で応募すれば当選当選が狙えたのでしょうか?キーワードは「1人1票の完全平等抽選」です!

SMBC日興証券

 SMBC日興証券は今回の主幹事証券です。主幹事証券とは、IPOを取り仕切る証券会社で、割当数も多いときは80~90%あります。今回は145,100株(1,451枚)と全体の約84%がSMBC日興証券に割り当てられました。SMBC日興証券は10%がネット抽選になりますので、145枚の当たりありました。145枚は多くはないですが、SMBC日興証券のネット抽選は1人1票の完全平等抽選なので、資金量に左右されず、だれにでもチャンスがあります!

SMBC日興証券

マネックス証券

 マネックス証券は、今回SMBC日興証券に次いで割当が多い証券会社でした。割当株数は6,800株、当選本数は68枚でした。さすがに主幹事と比較すると割当数は少ないですが、マネックス証券の最大の特長は「ネット配分100%」&「1人1票の完全平等抽選」です!つまり、68枚すべてがネット抽選に配分されます。平等にチャンスがあるので、IPOを狙うなら押さえておきたい証券会社です!

今後注目のIPOは?

 今週は3社が上場日を控えています。

上場日 企業名 総合
評価
上場市場 申し込み
期間
当たり本数 想定価格 仮条件 公募価格 初値 初値
上昇率
狙い目証券
4/27 エヌリンクス
(6578)
b JASDAQ
スタンダード
4/11
~4/17
4,692本 1,620円 1,670円
~1,810円
1,810円 - - SBI
岩井
岡三オンライン
4/25 ベストワンドットコム
(6577)
s 東証
マザーズ
4/10
~4/16
1,253本
少ない
4,130円 4,130円
~4,330円
4,330円 - - SMBC日興
SBI
岩井
マネックス
4/25 アイペット損害保険
(7323)
b 東証
マザーズ
4/10
~4/16
7,874本 2,600円 2,600円
~2,850円
2,850円 - - 大和
SMBC日興
マネックス
SBI
岡三オンライン
上場日 企業名 総合
評価
上場市場 申し込み
期間
当たり本数 想定価格 仮条件 公募価格 初値 初値
上昇率
狙い目証券

 この中ではベストワンドットコムが要注目です!公開株数がとても少ないので、かなりの高騰となりそうです。今後の新規案件でも「人気化しやすい案件」で「公開株数が非常に少ない」などの条件をチェックしましょう!また、6月には満を持して「メルカリの上場」がウワサされているので、今からこちらにも備えておきましょう!

☆公開株数が少ない案件は「完全平等抽選」の証券会社が狙い目です!