PC表示スマホ表示

株がお得に買える!?ダークプールを解説!

 複数のネット証券から、2018年より「ダークプール」を利用した新サービスをスタートさせました。ダークプールとは何なのか?メリットは?など気になるポイントを解説します!

ダークプールとは?

ダークプールとは?

 ダークプールとは取引所外取引の一種です。東証などの取引所を通さず、証券会社内で注文を付け合わせます。

 正式には「dark pool of liquidity」と呼ばれ、”見えない流動性”というような意味を持ちます。何が見えないのかというと、注文が見えません。取引所を通していないので、売買が成立するまで気配や注文数を公表する義務がないためです。

 大口注文を行う機関投資家向けのしくみで、匿名性の高い取引は以下のようなメリットがあります。

・価格変動リスクの低減

 取引所では大口の注文を出した場合、一気に価格が変動するリスクがあります。ダークプールでは取引成立まで気配値などが分からないため、このようなリスクを回避できます。

・約定単価の改善

取引所よりも細かい単位で売買可能です。そのため、取得単価の変動を抑えることができます。

・コストダウン

取引所よりも手数料が安くすむので、コストが抑えられます。

個人投資家へのメリット

 ダークプールを利用した新サービスは、個人投資家にもメリットがあります!それぞれ詳しく見てみましょう。

松井証券ベストマッチ
<画像:松井証券公式サイトより>

・市場より有利な条件で取引できる

 「ダークプールとは?」で説明したとおり、ダークプールの取引は、取引所よりも細かく値段を刻むことができます。さらに取引所から独立しているため、金額は必ずしも一致しません。そのため、東証などの取引所より有利な条件で取引できる可能性があります。

 例えば、取引所では100円の売り注文しかない銘柄が、ダークプールでは99.5円の売り注文が出ているとします。その場合1株あたり0.5円安く買うことができるのです。もし有利な条件が無くても、取引所の価格で取引されるので損をすることはありません

・手数料が安くなる

 取引所に比べると手数料が安いため、証券会社は取引コストを抑えられます。そのため、個人投資家は「取引手数料」の無料化や割引という形で恩恵を受けられます。(※すべての証券会社のサービスで安くなるわけではありません)

 取引所との差額(有利に取引できた金額)の一部を報酬としている証券会社もあります。松井証券は差額の30%ですが、報酬分を上乗せしても、取引所より有利な条件に変わりはありません。

・かんたんに注文が出せる

 直接ダークプールとは関係ありませんが、各証券会社が発表しているサービスは、自動で最も有利な条件を探してくれます。個人投資家は「最良」や「SOR」といった執行条件を選ぶだけです。

ダークプールを利用するには?

 個人投資家はネット証券のサービスで利用できるようになります。

松井証券ベストマッチ
<画像:松井証券公式サイトより>

 具体的には、松井証券の「ベストマッチ(約定価格改善サービス)」とSBI証券SBBO-X(エスビービーオークロス)がサービス開始しています。

 このサービスを利用すると、取引所、PTS、ダークプールの中から最も良い条件で取引ができます。取引所より優れた条件が無い場合は取引所での取引になります。これらの判定は自動で行われるので、意図的にダークプールを選ぶことはできません。

 松井証券、SBI証券のほかは、カブドットコム証券が同様のサービスを開始予定です。

 

PTSとは?

 ダークプールとは違うしくみですが、取引所外取引としてPTSがあります。PTSは「Proprietary Trading System」、日本語で表すと「私設取引システム」の略称です。

 こちらは個人・法人向けのしくみで、SBI証券の夜間取引などでも有名です。

SBI証券のPTS取引

<画像:SBI証券公式サイトより>

 ダークプールと異なる点は「気配値、注文数が公表される」ことです。ダークプール同様に取引所とは独立しているため、取引所より有利な価格で約定することもあります。SBI証券の「SOR注文」は取引所(東証)とPTSを比較して、最良条件で取引を成立させるシステムです。

各証券会社のサービス&キャンペーン

各証券会社のダークプールやPTSに関連したサービスを紹介します。

松井証券

サービス名 手数料 成功報酬 開始時期
ベストマッチ
(約定価格改善サービス)
通常と同じ
※ボックスレート制
差額の30% 2018年5月21日開始
概要
松井証券内で注文を付け合わせ、東証より有利な価格かどうかの判定(マッチング判定)を行う。
以下の2つの条件を満たす必要があります。
・信用取引口座を開設している
・現物取引

(2018年5月現在)

SBI証券

サービス名 手数料 成功報酬 開始時期
SBBO-X
(エスビービーオークロス)
スタンダードプランの
10%引き
※最上位ランクは無料
なし 2018年4月2日開始
概要
SBIプライム証券のマッチングシステムを利用。
機関投資家からの注文とマッチングした場合は、立会外取引で取引成立。マッチングしない場合は、従来のSOR注文となります。
※預かり資産残高1,000万円以上、かつインターネットコースのみ

(2018年3月現在)

カブドットコム証券

サービス名 手数料 成功報酬 開始時期
SOR
(スマート・オーダー・ルーティング)
通常と同じ なし 2018年8月27日開始予定
概要
米モルガン・スタンレーと電子取引システムの利用契約を結び、個人投資家も機関投資家向けと同等の機能が利用可能に。
発注時だけでなく、常時最良気配を判定する機能が特長。
2018年秋以降に取引所外取引も追加予定。

(2018年6月現在)

 上で紹介した証券会社とグループサイト限定のタイアップキャンペーンを紹介します!このページから口座開設すると、通常よりお得に口座開設できます。

証券会社 キャンペーン内容 タイアップキャンペーン詳細
松井証券 15,000円
キャッシュバック
松井証券で口座開設すると、15,000円キャッシュバック&管理人作成のオリジナルレポート「投資初心者が「投信工房」で楽々資産形成をはじめる方法」をプレゼント!( 2018年7月31日まで)
SBI証券 2,500円 証券口座開設+ネット銀行+入金でもれなく2,500円と、管理人作成のオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」の両方をプレゼント!
カブドットコム証券 2,000円 口座開設+投資信託を10万円以上購入で、もれなく2,000円をプレゼント!

2018年7月現在)

■松井証券が「ベストマッチ(約定価格改善サービス)」スタートを記念して、キャンペーンを開始しました!

ベストマッチスタート記念キャンペーン

☆より有利な条件で買えるので、個人投資家にうれしいサービスですね!