PC表示スマホ表示

2016年のIPOの結果をまとめました!

12月28日、今年最後のIPO「ティビィシィ・スキヤツト(3974)」の初値がつき、2016年のIPOがすべて終了しましたので、結果をまとめてみました!下の表は「初値で売って得られた利益」の大きい順(ベスト10)に並べたものです。

銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社
第1位 グローバルウェイ 1,495本 2,960円 14,000円 +110.4万円 +373% 大和)、SBI
SMBC日興
第2位 アトラエ 2,576本 5,400円 12,720円 +73.2万円 +136% 大和)、SMBC日興
岩井コスモ、安藤
第3位 イノベーション 2,283本 2,770円 8,700円 +59.3万円 +214% SMBC日興)、SBI
マネックス
AWS
ホールディングス
1,265本 2,490円 8,350円 +58.6万円 +235% SBI
SMBC日興
カナミック
ネットワーク
2,530本 3,000円 8,600円 +56万円 +187% SBI岩井
東海東京、安藤
銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社
エルテス 2,485本 1,790円 6,510円 +47.2万円 +264% SBI
SMBC日興マネックス
GMO
ストライク 2,616本 3,440円 7,770円 +43.3万円 +126% SMBC日興
SBI、安藤
グレイステクノロジー 2,801本 3,100円 7,130円 +40.3万円 +130% 東海東京)、SBI
むさし、安藤
セグエグループ 2,415本 1,700円 5,500円 +38万円 +224% SBI
SMBC日興マネックス
岩井、安藤
ティビィシィ・
スキヤツト
2,500本 1,400円 4,500円 +31万円 +221% SMBC日興
SBI、安藤
銘柄名 当たり
本数
公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社

 

1位は、大和証券主幹事を務めましたグローバルウェイ+110.4万円です。当選本数が1,495本しかなく、話題のクラウドサービスを提供していたこともあり、天井知らずの高騰となりました。総合評価「S」にふさわしい結果でしたね。また、当選株のうち96%大和証券への割り当て分だったので、大和証券の口座を開設していないとほぼノーチャンスだったと言えます。

2位も、大和証券主幹事を務めましたアトラエ+73.2万円です。当選本数が2,576本しかなく、最先端のAIサービスを提供していたこともあり、需給的に初値が高騰しやすくなっていました。また、当選株のうち98%大和証券への割り当て分だったので、グローバルウェイと同様に大和証券の口座を開設していないと当選は期待できませんでした。

3位は、SMBC日興主幹事を務めましたイノベーション+59.3万円です。当選本数が2,283本しかなく、大株主に対するロックアップも180日間という期間でしばりがあったため、需給が抜群に良かったです。ちなみに、当選株の85%SMBC日興へ割り当てられていました。

4位は、SBI証券主幹事を務めましたAWSホールディングス+58.6万円です。当選本数が1,265本しかなく、大株主にも180日間のロックアップがかかっていたため、潜在的な売りがほぼない状態で、需給的に初値が高騰する条件がととのっていました。事業内容が医療に関連していたことも、買いを集めるのに貢献していたと思います。

5位は、野村證券が主幹事を務めましたカナミックネットワーク+56万円です。当選本数は2,530本しかなく、評価が高くなりやすい医療系で、かつ人気のクラウドサービス案件だったこともあり、初値高騰が約束されていたような案件でした。

それにしても、引き続き大和証券SMBC日興証券がお宝IPOの主幹事を務めていますね。どちらも資金力が影響しない1人1票の平等抽選(割当株のうち 大和:15%、日興:10%)を採用していますので、どなたにも当選のチャンスがあります。まだ口座を開設されていない方は、ぜひこの機会に口座開設を済ませておきましょう☆