PC表示スマホ表示

2015年のIPO相場を振り返る

本日25日、一蔵(6186)の初値がつき、2015年のIPOがすべて終了しましたので、今年のIPOをざっくり振り返ってみたいと思います。とりあえず、2015年のIPOを「初値で売って得られた利益」の大きい順に10位まで並べてみました。

銘柄名 公募価格 初値
利益
(初値売り時)
初値
上昇率
狙い目証券会社
第1位 ネオジャパン 2,900円 14,550円 116.5万円 +402% SMBC日興)、SBI
第2位 エムケイ
システム
3,500円 15,120円 116.2万円 +332% 大和)、SBIむさし
第3位 アイビーシー 2,920円 10,250円 73.3万円 +251% SMBC日興)、SBI
テラスカイ 1,700円 7,650円 59.5万円 +350% 大和)、マネックスSBI
安藤
ジグソー 2,390円 8,040円 56.5万円 +236% SMBC日興)、大和
マネックスSBI
スマートバリュー 1,580円 7,030円 54.5万円 +345% 大和)、マネックス
アイリッジ 1,200円 6,350円 51.5万円 +429% SBIマネックス大和
東海東京
シリコンスタジオ 4,900円 9,900円 50万円 +102% SMBC日興SBI
カブコムマネックス
コラボス 3,620円 8,600円 49.8万円 +138% SMBC日興
東海東京SBI
PCI
ホールディングス
2,530円 6,820円 42.9万円 +170% SBISMBC日興
東海東京マネックス
むさし
あんしん保証 1,460円 5,730円 42.7万円 +293% SBI)、SMBC日興

 

今年1位の案件は、SMBC日興証券主幹事を務めましたネオジャパン+116.5万円です。当選本数が2,530枚しかなく、大株主に対して180日間のロックアップ(売却禁止)がかかっていたため、潜在的な売り圧力も少なく、需給環境がものすごく良かったことで強く印象に残っています。当初は、事業的にそれほど魅力があるとは思えなかったので、総合評価「B」をつけていましたが、市場の反応が想像以上によかったので、慌てて「S」にしたことを思い出します(笑)

2位は、大和証券副幹事を務めましたエムケイシステム+116.2万円です。こちらはさらに当選本数が少なく1,610枚で、同様に大株主に対して180日間のロックアップがかかっていました。こちらは“マイナンバー関連”の案件ということもあり、はじめから強気の予想をしていましたが、まさかここまで上がるとは思いませんでした(汗”)

3位は、SMBC日興証券副幹事を務めましたアイビーシー+73.3万円です。当選本数は4,252枚で、大株主に対して90日間のロックアップがかかっていました。やはりこれも需給環境がものすごく良かった案件です。事業も「ネットワークシステム関連の性能監視ソフト」と人気化しやすいもので、なぜこの案件を総合評価「B」にしたのか、今思うと不思議でなりません。

4位は、大和証券主幹事を務めましたテラスカイ+59.5万円です。当選本数は2,300枚と少なく、大株主に対して90日間のロックアップ(公募価格比1.5倍で解除)がかかっていました。厚切りジェイソンさんが大株主ということで、話題性は今年1番だったかもしれませんね。

5位は、SMBC日興証券主幹事を、大和証券副幹事を務めましたジグソー+56.5万円です。当選本数は2,875枚と少なく、大株主に対して90日間のロックアップ(1.5倍で解除)がかかっていました。業績は頭打ち気味でしたが、人気の“ビッグデータ関連”の案件ということで買いが入りました。

6位は、大和証券主幹事を務めましたスマートバリュー+54.5万円です。当選本数は3,910枚で、大株主に対して90日間のロックアップ(1.5倍で解除)がかかっていました。主力事業が携帯電話の販売だったので、当初は平凡な案件だと思っていたのですが、事業規模の小さい自治体向けクラウドサービスが“マイナンバー関連”ということで人気化しました。

 

こうして見直してみると、ほんとIPOは需給環境が大事なんだとつくづく感じますね。2016年はこの教訓を活かして、もう少し初値予想を現実に近づけたいと思います(汗”)

それにしても、SMBC日興証券大和証券が優良IPOをしっかり確保していますね。どちらも資金力が影響しない1人1票の平等抽選(割当株のうち 日興:10%、大和:15%)を採用していますので、どなたにも当選のチャンスがあります。まだ口座を開設されていない方は、2016年のIPOが出る前に口座開設を済ませておきましょう! それでは、少し早いですが皆さん良いお年を~☆