PC表示スマホ表示

IPO株の攻略・裏ワザ 6

 前ページの「入金額を増やして、抽選回数を増やす」に引き続いて、IPO株の当選確率を確実にアップさせる方法を紹介します。それは、「大和証券チャンス抽選を使って、IPO株の抽選回数を増やす」という方法です。

大和証券のチャンス回数(抽選)で当選
(チャンス当選の実績:2015年 テラスカイ 公募価格1,700円 初値7,650円 初値売り+59.5万円

6、大和証券の“チャンス抽選”で当選確率アップ

 まず、大和証券について、基本的なところからお話しします。
 テレビCMなどよく流れているので、ご存知の方も多いと思いますが、大和証券は証券業界でも1、2を争う超大手です。よって、IPO株の配分も非常に多く、主幹事となることがよくあります。またネット配分(抽選)は、原則として約20%とライバル社よりも配分が多くなっているのが特徴です。(SMBC日興証券の場合、約10%)

チャンス抽選

 チャンス抽選というのは、通常1回の抽選ですが、これを、ある方法によって最大10回まで抽選回数を増やすことができます。2つの方法があるので、順に見ていきましょう。

・チャンス回数1回 → 抽選は1回だけ… IPO抽選

・チャンス回数10回 → 抽選は10回!! IPO抽選 IPO抽選 IPO抽選 IPO抽選 IPO抽選IPO抽選 IPO抽選 IPO抽選 IPO抽選 IPO抽選

■1つ目は「ダイワのプレミアムサービス」を使う方法

 こちらは、「預かり資産1,000万円以上」の方が対象のサービスで、シルバー(1,000~3,000万円)ですと抽選3回、ゴールド(3,000~5,000万円)ですと5回、プラチナ(5,000万円以上)ですと10回となっています。プラチナステージを狙うには、5,000万円以上の資金が必要ですので、ややハードルが高い印象です。

大和証券のプレミアムサービス



■2つ目は「ダイワのポイントプログラム」を使う方法 おすすめ!

 こちらは、「取引実績」や「株主優待」でポイントを貯めて、ポイントに応じてチャンス抽選の回数を増やすという方法です。ちなみに、私はこちらの方法を使っています。

大和ポイントプログラム

<①取引実績でポイントを貯める場合>

 「株や投資信託の売買手数料」で貯める方法と、「債券の買い付け金額」で貯める方法があります。前者の場合は、月間10,800円(税込)の手数料ごとに100ポイントが貯まります。後者の場合は、月間100万円(税込)買い付けるごとに100ポイントが貯まります。

大和ポイントプログラム

<②株主優待を使ってポイントを貯める場合>

 大和証券グループ本社(8601)の株を購入すると、株主優待としてポイントがもらえます。保有株数に応じてもらえるポイントが下記の表のように変わります。ポイントは有効期限(最長3年まで)がありますが、基本的には累積して貯まっていくので、一度に10,000ポイント貯められなくても、半年に1回ずつコツコツ貯めることができます。

 また、「3月末・9月末」と年2回、株主優待の権利獲得のチャンスがあるので、1,000株保有でも1年で4,000ポイント(チャンス回数は4回)貯まります(下表は優待権利1回分のポイントです)。

所有株数 獲得できるポイント(回数) 必要金額※1
1,000株 2,000ポイント(2回 656,800円
3,000株 4,000ポイント(4回 1,970,400円
5,000株 5,000ポイント(4回 3,584,000円
10,000株 10,000ポイント(10回 6,568,000円

※1 必要金額は2016年2月9日現在の数字 大和証券グループ本社の株価658.8円で計算

 ※注意点※
 株主優待の内容は、今後変更される可能性があります。
株を購入する前に、必ずご自身で最新の株主優待情報をご確認ください。ポイントには有効期限(最長3年)がありますので、期限が切れる前にポイントを“セレクト商品(下記参照)”に交換しておくとよいです。

 ポイントは商品と交換することもできます。
大和証券のセレクト商品


☆有効期限や保有ポイント数などは、大和証券ログイン後の画面でいつでも確認することができます。 (ログイン → 交換ポイントの照会)

大和交換ポイント




 このように、“チャンス回数”は比較的簡単に増やすことができるので、大和証券を使って当選を狙う方は、取引実績や株主優待などをうまく使って、抽選回数を増やしておくと、より当たりやすくなります。冒頭に載せた画像のテラスカイのような株が当選すれば、1回で60万円弱増えるので、ポイント獲得のコストは十分にペイできると思います。

大和証券で口座開設をする→