PC表示スマホ表示

IPO株の情報を調べる

 IPO株を買うための証券口座を作ったら、次は「IPO株の情報」を調べましょう。
 …と言っても、IPO株は毎日抽選があるわけではありません。年間50社〜100社程度株式市場に上場するので、そのタイミングに合わせて申し込みをする必要があるのです。情報の入手先は、主に東京証券取引所ですが、初心者にはわかりにくい部分も多いので、当サイトでもわかりやすい形に直して情報発信をしています。

   ■IPO企業数の推移(多い方がIPO抽選の機会が多くなる)

新規公開株(IPO)の上場数の推移

  ※2008年のリーマンショックで大きく減ったが、近年は徐々に持ち直してきている。

2、IPO株の情報を調べる

 IPO株の情報を仕入れるポイントは、「IPO企業情報」と「IPOスケジュール」です。

 前者のIPO企業情報というのは、シンプルに、儲かる会社かどうかをチェックすることです。将来が期待できるような急成長企業であれば、かなり株価上昇に期待が持てます。企業が上場したときに初めて付く株価のことを初値(はつね)と言いますが、この初値がとんでもなく高い値段になります。IPO株投資は初値が高くなればなるほど儲かるので、IPO企業の魅力を測ることは、もっとも重要なポイントです。

 ◎初値上昇が期待できる例
 ・高成長企業、競合する会社が少ない、当選株数が少ない、全体的にIPOの調子がいい、など

 後者のIPOスケジュールは、読んで字のごとくですが、IPOのスケジュール管理です。スケジュールの中に、「申し込みの期間、抽選日、購入期間、上場日」などがありますが、せっかく期待できるIPOがあっても、スケジュールを忘れて申し込みができなければ、当選から遠ざかってしまいます…。頭の中で管理するのはなかなか大変なので、表などを使って記録を取りながら管理するのが望ましいと思います。(IPOスケジュールのページをご用意していますので、参考になれば幸いです)
 

それでは、3つ目のステップ「IPO株の抽選を受ける」に進みます!!